So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

青い海と長い橋 宮古島 その3 [ちょっとこだわる:民俗・文化・紀行・時事など]

宮古島最終回です。

前回の「下地島」の名所「通り池」は、海岸部にある大小二つの円形の池だ。

南側の海に近い池は直径75m、水深45m、北の陸側の池は直径55m、水深25mで、この二つの池は地下が繋がっているらしい。
名前の由来もここからきているという。

繋がっているとはいえ、水深の違いもあり、水色は微妙に異なる。
水深の深い南側の方が美しい。

s-DSC05310.jpg


南西諸島には、サンゴ地形で隆起石灰岩のカルスト地形が多い。
通り池の二つの池は、鍾乳洞が波で浸食されて天井が崩落した陥没ドリーネにより形成された。
通り池は、国の名勝・天然記念物に指定されている。

NHKなどの自然ものドキュメンタリーを見ていると、世界各地で鍾乳洞にポッカリ穴が開た陥没ドリーネからロープで下降して洞窟探検を始めるケイビング映像がよく出てくる。

メキシコのユカタン半島に点在するセノーテが有名だ。

タイの遭難事故もあり、私はケイビングはそれほどやってみたいとは思わないけど。


伊良部大橋のさらに南の長い橋は、「来間大橋」。
宮古島と来間島を結ぶ全長1690mの橋で、1995年3月開通。

渡り切った来間島には、その名も「竜宮城展望台」という展望スポットがあり、青い海に架かる橋の全景を眺めることができる。

s-DSC05146.jpg


宮古島南東端にあるのは「東平安名崎」(ひがしへんなざき)。

先端までの約2㎞の歩道の両側は、太平洋と東シナ海。
切り立った断崖は、以前行ったアイルランドの「モハーの断崖」を彷彿とさせる。

s-DSC05333.jpg


崖上から波間を覗き込むと、何やらブルーの魚が。
そう!夕食に刺身で食べたイラブチャーだ。
崖の上からでも大きく見えるのだから、実際の魚はさぞかし大きいことだろう。

先端までの歩道途中には、絶世の美女「マムヤの墓」といわれる巨岩の洞窟もある。

先端には高さ約24mの「東平安名崎灯台」があり、灯台上からの眺めもすばらしい(入場有料)。

s-DSC05351.jpg


南部には、「うえのドイツ文化村」というテーマパークがある。
ライン川沿いの古城マルクスブルク城を模した博愛記念館などが建設されている。

s-IMG_4883.jpg


宮古島にどうしてドイツのテーマパークがあるのだろう。
1873(明治6)年に、ドイツ船が台風で座礁したのを旧上野村の住民が救助し、帰国にまで助力したという。

ドイツ皇帝ヴィルヘルム1世がこの話に感銘を受け、宮古島とドイツは友好を結び、戦前の修身の教科書でも取り上げられたという。


日本も前述のタイのサッカー少年洞窟遭難をはじめ、世界各地の災害地への救助・援助隊派遣やボランティアの皆さんの協力が続いている。

東日本大震災の時には、そのお礼も兼ねて、世界各国からの援助があった。

世界各国はこうして協力をして、まさに共生しなければならないのに、現実は自国利益優先主義などで対立している。

宮古島のドイツ友好の話も、国の施策ではなく地元の人々の善意からだ。
日中、日韓を含め、政府に任せるのではなく、草の根レベル、民間交流を進めるしかないのだろうか。

いや、各国の為政者にもっと頑張ってもらいたい!!

宮古島の交差点には、優しく見守る「宮古島まもる君」がいる。

s-DSC05356.jpg


世界の見守りまでお願いしたら、過重負担になってしまいますよね~。


【本ブログ関連記事】

ツバメと壁画の大洞窟 ― 国立公園 人と自然(海外編10) ニア国立公園(マレーシア)

アラン諸島の旅


見返りを求める援助 求めない援助

偉大な英国、強大な米国?  ― 英米の選挙に思う一国至上主義の復活と環境問題

朝鮮半島DMZ、北方四島、そして南極 -国際平和公園

対立を超えて -『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』出版4





nice!(21)  コメント(2) 

青い海と長い橋 宮古島 その2 [ちょっとこだわる:民俗・文化・紀行・時事など]

宮古島の続きです。
北端から南下中(実際の訪問ルートとは異なります)。

先島諸島地域(今回の宮古諸島と石垣島、西表島などの八重山諸島)ではどこに行っても、それはそれは美しい海の景色を見ることができる。

海の景色といっても、海岸の風景と海中の景観とがあるが、今回は残念ながら海中景観の堪能は天候の関係もありできなかった。

宮古島での美しい海岸風景の一つが、「砂山ビーチ」だ。
その名のとおり砂山から少し急な道を下ると、全面に青い海が飛び込んでくる。

s-IMG_4877.jpg


何度も言うようだが、天気が良ければ海面はもっと美しいコバルトブルーに染まっていただろうに。

そして、この浜の名物は左手に現れるアーチ状の岩山。
誰でも思わず写真シャッターを押したくなる場所だ。

s-IMG_4875.jpg


宮古島は海ばかりではない。
サンゴ礁が隆起した平坦な地形で、50%以上が耕作地となっているが、島の中央部東側には約119haの原生林が広がる。

s-DSC05282.jpg


その一角には、「宮古市熱帯植物園」があり約1600種の植物が生育している。
近く(と言っても、歩くのはちょっと・・・)には、「宮古島市総合博物館」もあって、歴史や暮らし、自然などが展示されているので、併せて立ち寄るとよいだろう。

宮古島と橋でつながる島の中で最大の島が「伊良部島」だ。

その島を結ぶのが「伊良部大橋」。
2015年1月に開通した3540mの橋で、無料で通行できる橋としては日本で最長だという。

s-DSC05329.jpg


伊良部島でも美しい海岸風景は多い。
そのひとつ、「佐和田の浜」は大岩が転がっていて、まるでマリンブルーの石庭のようだ。

s-DSC05294.jpg


この大岩は、1771年の明和の大津波によってもたらされたものだという。
現在ののどかな風景からは想像もできないが、自然の猛威を忘れないようにしたいものだ。

もうひとつの「渡口の浜」は、単なる白いビーチではなく、“パウダーサンド”とも称されるきめの細かなサンゴ砂のビーチとして有名だ。
さっそく裸足になって、砂の感触を確かめてみた。

s-DSC05324.jpg


伊良部島に接して「下地島」がある。
伊良部島と下地島との間は狭い海峡なので、普通の川にかかった橋を渡る感覚で、気が付かないうちに渡ってしまう。

下地島の海岸も美しい。
晴れ間も出てきて、青い海面と環礁に砕ける白い波のコントラストをやっと堪能することができた。写真ではいまいちだけれどもね。

s-DSC05302.jpg


ところで、下地島は、「パイロット訓練飛行場」があることで、その道のマニアには有名らしい。
タッチアンドゴー訓練を見るために、わざわざ訪れる人もいるほどだ。

しかし今や、パイロット不足(志望者減)とバーチャル・リアリティ(VR)(仮想現実)による操縦訓練の進歩によって、下地島での訓練飛行はめったに見ることができないらしい。

一方で、日本本土のみならず、台湾や東南アジア方面からの観光客も増加しているため、訓練飛行場を廃止して、LCC(格安航空)の飛行場に再整備する計画があるそうだ。

海外からの観光客は空路だけではない。
世界から宮古島(平良港)への豪華ルーズ船の入港が急増して、年150回以上が予定されているという。

そういえば、昨晩(2018/8/4土曜)のTBSテレビ「世界ふしぎ発見」では、ボーダー(国境)観光なるものを取り上げていた。
国境線を超えて往来する観光だそうだ。


その費用、東京から台湾までLCCで片道7000円、台湾から石垣島までの2泊3日豪華ルーズは食事も含めて5万円。

東京から石垣島まで飛行機で往復するよりも安い! ということらしい。
とは言っても、飛行機だって先行割引やLCCを利用すれば、安くなるけどね。

いずれにしても、こうした観光リゾートブームに沸く宮古島は、島外者(中国など海外も多いという)により土地が買い占められているそうだ。

特に伊良部島の海岸部はリゾートホテル(ペンション)の建設ラッシュだった。
島の周回道路からは、建物に遮られて海を望むこともできない。

土地だけではなく、景観も買い占められているかのようだ。
さらに伝統のある文化までもが買い占められないように願うばかりだ。


次回は、宮古島の最終回、南部地域です。



nice!(26)  コメント(5) 
共通テーマ:学問

青い海と長い橋 宮古島 その1 [ちょっとこだわる:民俗・文化・紀行・時事など]

西日本豪雨災害で亡くなった方々にはお悔やみ申し上げるとともに、被災者の皆様には一日でも早い復興をお祈り申し上げます。

今また、沖縄地方には台風10号。
6月に宮古島に行ったときにも、梅雨前線の停滞と台風の影響で、曇り空だった。
それでも、時折覗く太陽のもと、宮古ブルーの海を見ることもできた。

東京(羽田)から直行便。
南太平洋よりも手軽に、南太平洋よりも美しい海を堪能できるので、人気が高まっている。

実際のルートとは異なるが、宮古島の北部から順に、主な場所をアップ。
北部周遊の際には、残念ながらあまり天気は良くないので悪しからず。

まずは宮古島北部の池間島。
全長1425mの「池間大橋」(1992年開通)で宮古島と繋がっている。

s-DSC05199.jpg


宮古島には、ほかにも来間島と結ぶ来間大橋(1995年開通、全長1690m)、伊良部島・下地島と結ぶ伊良部大橋(2015年開通、3540m)があり、どれもコマーシャルなどに登場するほど、日本の風景とは思えないほど美しい。

北端に近いところに、「池間島灯台」がある。
宮古島や石垣島、西表島などの先島諸島地方では最初の灯台という。
1940(昭和15)年に完成、地上高は23mだ。

s-DSC05160.jpg


最北端に近いフナクスビーチ(池間ブロック)。
天気がよければ、さぞかし美しい宮古ブルーが望めただろうに。

s-DSC05167.jpg


池間島は、島全体が国指定鳥獣保護区に指定されている(池間鳥獣保護区、2011年11月1日指定20年間)。

その中心となるのが、島内中央に位置する「池間湿原」だ。
池間湿原は面積38haの沖縄県内最大の淡水湿原で、ヒメガマ、チガヤなどの湿原植生に多くの鳥類が飛来する。

s-DSC05187.jpg

s-DSC05182.jpg
白いのはサギ(?)の群れ


湿原際には展望台も設置されている。

s-DSC05179.jpg


池間島から池間大橋を再び渡って、宮古島に戻った。
島の北西端には「西平安名崎」があり、展望台がある。

s-DSC05218.jpg


風が強いらしく、風力発電も行われている。

s-DSC05215.jpg


宮古在来のミヤコウマにも会えた。


s-DSC05209.jpg


少し戻って立ち寄ったのが、宮古島の雪塩として有名な「雪塩製塩所」。
工場と売店などがあり、雪塩ソフトクリームを賞味。

s-DSC05206.jpg


さらに南下して、「島尻マングローブ群」。
広大なマングローブ林の周囲は、駐車場や遊歩道が整備されて公園となっている。

s-DSC05230.jpg

s-DSC05221.jpg


マングローブは、海水と淡水が混じる汽水域に生育する植物の総称で、ここ島尻ではオヒルギとメヒルギが主体だ。

s-DSC05223.jpg


オヒルギの花

s-DSC05235.jpg


メヒルギの花

s-DSC05233.jpg


ほかにも、トベラやハマボウなど海岸植物がたくさん。

s-DSC05250.jpg


s-DSC05249.jpg

s-DSC05238.jpg


干潟には無数の赤いものが。初めは何かの花弁が散った後かと思ったが、よく見るとカニ。
どうやらベニシオマネキらしい。

s-DSC05246.jpg


近くには、「四島の主の墓」がある。
なんでも、この地域の集落の支配者の墓だそうだ。

s-DSC05266.jpg


「海中公園」の海中観察施設は、残念ながら海底の砂が波で巻き上げられていて視界不良のため営業休止(正確には、営業はしていて料金も安くなっていたが、何も見えないのではねェ~)。

s-DSC05262.jpg


この続きは、また後日。
次には、日差しの合間の宮古ブルーも。

【本ブログ内関連記事】

嵐のあとで

自然と文化が織りなす世界自然遺産候補 -国立公園 人と自然(22)奄美群島国立公園

多様な生態系のエコツアー:マングローブ林と観光の可能性 -スマトラ島のマングローブ林から(4)






nice!(28)  コメント(2) 
共通テーマ:学問
前の3件 | -