So-net無料ブログ作成

国立公園と国際紛争 ―国際平和公園(1) [保護地域 -国立公園・世界遺産]

このところ、北朝鮮のミサイルや核実験とその制裁措置のニュースが連日のようにマスコミを賑わしている。

そうでなくとも、過激派組織IS(イスラム国)とイラク軍との戦闘や欧米などでのテロ事件、さらにはアフリカなどで続く民族紛争など、世界では各地で戦闘状態が続いている。

前回のブログ記事では、沖縄の米軍基地に関連して「国際平和公園」について触れた。(「世界遺産への期待と多難な課題 - 国立公園 人と自然(22) やんばる国立公園」)

「国際平和公園」(International Peace Park)は、平和と国際間協調の促進のために設定管理され、国境紛争などの解決への貢献も期待されるものだ。


この原型のひとつとして、ポーランドとスロヴァキアの国境カルパティア山脈に設定されている国立公園がある。

s-s13-タトラ国立公園(ポーランド).jpg

私が訪問したポーランド側のタトラ(Tatra)国立公園は、山岳の町ザコパネを起点とし、ロープウェイも設置されているが、馬車も運行されている。

モルスキー・オコという青く美しい小さな湖などが点在する石灰岩などの山岳地で、大型シカのエルクなども生息している。

稜線部の山道は、ポーランド側とスロヴァキア側を行ったり来たりする。
国境といえども、どこかの大統領のようにフェンスを作ったりしないから、両国をまたがることもできるのだ。

日本では味会うことのできない体験だ。


残念ながら、訪問したのは40年も前で、モルスキー・オコの写真などが見つからない。
見つかったら、後日追加アップの予定。

この地域の国際平和公園(原型)としての設定は、第一次世界大戦にまでさかのぼる。

大戦前には、ポーランドも、チェコも、スロヴァキアも、国としては存在していなかったのだ。
大戦後にポーランドやスロヴァキアなどは独立(建国)したが、その際の国境紛争を解決するためにクラコフ宣言(1924 年)が締結された。

これに基づいて、タトラ国立公園、ピエニンスキ(Pieninsky)国立公園などを両国で共同管理するための連絡協議会が設立されたというわけだ。

当時はまだ、国際平和公園などという呼称はなかったが、まさに今日でいう国際平和公園そのものだ。

その後、1932 年には北アメリカでウォータートン・グレイシャー(Waterton-Glacier)国際平和公園が設定された。

カナダ側のウォータートン湖国立公園と米国側のグレイシャー国立公園を核とした両国の保護地域により構成され、世界で最初の公式な国際平和公園でもある。

1995 年には世界自然遺産にも登録されている。



国際平和公園は、生物多様性や文化資源の保護のために国境を接している国々が協定を結び、国境(または地域)を越えて管理協力するために設立された「国境を越えた保護地域」(Transboundary Protected Area: TBPA)のひとつだ。

山岳の生態系では、往々にして稜線が国境となることが多い。
この国境により、連続的で広範な生態系も分断されてしまう。

いくら良好な自然が保護地域になっていても、それぞれの国ごとに個別の基準で管理され、あるいは一方が保護地域でも他方は保護地域に指定されていないなどの場合もあり、生物多様性保全上は必ずしも十分とはいえない。

そこで登場したのが、「国境を越えた保護地域(TBPA)」だ。
世界では、200カ所以上のTBPAが設定されていて、関係国は100ヵ国以上、TBPAを構成する各国の保護地域数は600を超える。

バルカン半島のアルバニア、ギリシャ、マケドニアの3 国にまたがる二つの淡水湖大プレスパ湖と小プレスパ湖を中心とするプレスパ(Prespa)国際公園は、2000 年に設定された。

私が訪問したのは、アルバニアのプレスパ湖国立公園だ。


s-s13-プレスパ国立公園DSC01234.jpg
対岸はマケドニア。さらにギリシャにも大地は続く。

s-DSC01233.jpg


湖岸には町や農地が広がる。
のんびりとした平和な風景。

バルカン半島は、近年まで紛争の火種の地。
こんなところで戦火が再び起きたらたまらない。

プレスパ湖を日本海に置き換えて考えると・・・・


【本ブログ内関連記事】

ペリカンの棲む湿地と海水浴場の賑わい -国立公園 人と自然(番外編5) ディヴィアカ・カラヴァスタ国立公園(アルバニア)

世界遺産への期待と多難な課題 - 国立公園 人と自然(22) やんばる国立公園

海岸の平和光景と戦争の記憶

対立を超えて -『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』出版4






nice!(48)  コメント(4) 
共通テーマ:学問

世界遺産への期待と多難な課題 - 国立公園 人と自然(22) やんばる国立公園 [   国立公園 人と自然]

やんばる国立公園は、2016年9月15日に指定された、日本で33番目の国立公園だ。

指定日の9月15日は、指定の33年前に固有種のヤンバルテナガコガネが発見された日だという。


s-s-やんばる2.jpg

 

奥深いやんばるの森(1999年11月撮影、以下同じ)


国立公園区域は、沖縄本島北部の国頭、大宜味、東の3村にまたがる陸域面積13,622ha、海域面積3,670ha。

沖縄本島北部のやんばる(山原)の森は、国内最大級の亜熱帯照葉樹林で、ヤンバルテナガコガネのほか、ヤンバルクイナ、ノグチゲラ、オキナワイシカワガエルをはじめとする絶滅のおそれもある希少な固有種が生息している。


s-s-やんばる.jpg


やんばるの森の照葉樹林

 

s-s-やんばる1999_11.jpg


やんばるの渓流
イシカワガエルなどが生息していそう?


環境省では、これら希少種の保護活動や普及啓発を行う拠点として「やんばる野生動物保護センター」を平成11年(1999年)に設置したが、平成22年(2010年)には展示棟を全面改修して「ウフギー自然館」としてリニューアルオープンした。
ちなみに、ウフギーとは地元の方言で大木を意味するという。


s-s-やんばる野生生物センター1999_11rev.jpg


やんばる野生動物保護センター
1999年のオープン半年後(画像一部修正)


2014年3月5日(サンゴの日)に指定された「慶良間諸島国立公園」や2016年に大規模区域拡張された「西表石垣国立公園」、さらに本年2017年3月7日に指定された「奄美群島国立公園」などと合わせて、政府では「奄美・琉球諸島」地域の世界自然遺産としての登録を目指している。

しかし、世界遺産登録までには多くの課題も残されている。

独自の進化を遂げた固有種を含む独特の生態系として世界遺産に登録された先輩格の小笠原諸島でも、外来種による固有種への影響が登録まで、そして登録後も課題だった。


s-s-P6290761.jpg


小笠原父島の海岸景観(2003年6月撮影)

 

s-s-App0006.jpg


小笠原の固有植物の一種ムニンツツジ
父島時雨山にて(2002年3月撮影)


やんばるでも、ノネコを含む外来種による固有種の捕食などが大きな脅威となっている。

外来種だけではない。交通事故による小動物の衝突死、貴重昆虫やランなどの採集・盗掘などもある。

また、水資源開発や都市化、観光開発などによる影響も、やんばるの森にも迫ってくるに違いない。

そして、この国立公園の大きな課題として、「米軍北部訓練場」の返還などがある。

国頭村と東村にまたがる森林地域の約7,800haは、米軍の演習場として利用されているが、今回の国立公園指定地域には含まれていない。

その一部が今後返還される予定であり、返還後に国立公園編入も含めて検討されることになっている。

しかし現状でも、部分返還に伴うヘリパッド建設やオスプレイ運行など、沖縄本島北部地域の生物多様性への影響も懸念される材料が残っている。

国際自然保護連合(IUCN)などでは、自然保護の最大の敵の一つは戦争・紛争だとしている。
国境を超えた自然保護地域の設定により関係国の友好を促進しようとする「国際平和公園」(国境を挟んだ国立公園)も、世界で100ヵ国以上の地域に設置されている。

一方で、渡り鳥などが最も安心できる生息地の一つが、70年にわたり人間の侵入もなく、戦乱もない、朝鮮半島の非武装地帯(DMZ)だというのも、何とも皮肉だ。

そして、自然だけではなく、文化財も戦火などで破壊される例が後を絶たないのは、何とも悲しいことだ。

少しでもこれを阻止する力となりたいと思う。


2016年9月15日指定
陸域面積13,622ha、海域面積3,670ha
沖縄県


この記事は、2016年9月16日掲載の「やんばる国立公園指定 - 世界遺産への期待と多難な課題」を「国立公園 人と自然」シリーズに再掲するために一部修正したものです。




nice!(41)  コメント(4) 
共通テーマ:学問

風景への審美眼を一変 指定30周年を迎えたわが国最大の湿原 -国立公園 人と自然(21) 釧路湿原国立公園 [   国立公園 人と自然]

日本離れした見渡す限りのキタヨシの草原と点在するハンノキ林、その間を縫う蛇行河川の風景。

s-DSC03353.jpg


テレビで目にするキリンやゾウが生息するアフリカのサバンナ(草原)を連想させる。

そこには、タンチョウをはじめ、キタサンショウウオや幻の魚とも呼ばれる巨大魚イトウなど貴重な動物が生息している。

わが国最大の湿原であり、水鳥と湿地保護のための条約、ラムサール条約のわが国第1号の登録湿地でもある。

しかし、釧路湿原は、80年以上の歴史を有する日本の国立公園の中で、国立公園に指定されたのは意外と新しい1987年7月だ。

そう。今年で指定30周年を迎えたばかりなのだ。

こんなに貴重な湿原がなぜ30年前に国立公園指定なのか、疑問に思うのも無理はない。
そこには、日本人の風景観や自然保護思想の変遷が読み取れる。

釧路湿原は、数万年という気の遠くなるような長期間の気候変動と海水の進退によって形成され、約3000年前に現在の姿に近い湿原になったといわれている。

寒冷で霧の発生が多く泥炭が発達したこの地域は農業にも適さず、長らく人間活動の対象地とはならなかった。

最近はあまり耳にしなくなったが、不毛の原野「根釧原野」という呼び名がそのことを象徴している。


s-IMG_3009.jpg


その根釧原野に「釧路湿原」という名を与えたのは、植物学者の田中瑞穂だった。

1931年に制定された「国立公園法」から始まるわが国の国立公園は、箱庭的で多様な風景が寄せ集まった地域をわが国の代表的風景地として指定してきた。

ところが、釧路湿原はあまりに広大で単調すぎて、当時の尺度には合わず、候補地にもならなかった。

湿原周縁部では徐々に埋め立てが進み、農地、住宅、工場あるいはゴミ処理場となったが、多くは湿原のまま残っていた。

それでも日本中が列島改造で沸き返っていた頃には、釧路湿原周辺でも土地投機ブームが起き、まだ見ぬ北の果ての大地を別荘用地として買い求める本州の人が後を絶たなかった。
湿原周辺の土地は細分化され、あちこちに測量杭が打たれ、区画を示すビニールテープが張られた。

そうした中で、釧路湿原の保全を求める学者や地元の人々は、釧路自然保護協会を中心に保全運動を始めた。協会では、原生自然環境保全地域か地元の北海道知事が指定申請(申し出)できる国定公園の指定を求めていた。

私は当時、阿寒国立公園阿寒湖畔事務所に赴任していたが、環境庁(当時)の本庁からの指示により、釧路湿原の保全についての構想案を作成した。

1978年に環境庁に提出した「釧路湿原保全構想」の中で、「国立公園」構想を提案した。
これは、湿原の中央部の多くが大蔵省(当時)所管の普通財産、すなわち国有地であることから、アメリカ型の営造物制公園管理が可能になると考えたからである。

そこでは、いわゆる観光的な公園利用は排除して、環境教育や生態研究などを中心的な利用とし、公園内にはレンジャー同乗のシャトルバス以外は乗り入れないなど、理想に近い公園管理を想定した。

その後1987年に国立公園として指定され、これまでの国立公園のような風景保護や観光利用だけでなく、生態系保全を念頭に入れ、自然体験や自然観察、研究利用などに重点が置かれた利用などの公園管理がなされている。

さらに直線化された河川を元の蛇行河川に戻すなどの「自然再生」事業も実施されてきた。

こうして釧路湿原は、道東の主要観光地の一つになったのだった。

やや高台の湿原の縁にあたる北斗(ほくと)には、釧路市が整備した「湿原展望台」がある。
館内には湿原を再現したジオラマや湿原の生物などの展示があり、屋上などから湿原を見ることができる。ただし、展示室は有料。

s-DSC03332.jpg


ここを起点に歩道が整備されていて、1周2.5km、1時間ほどでゆっくり散策できる。

s-DSC03338.jpg


ミズナラの林内には、バイケイソウが。

s-DSC03337.jpg

s-DSC03345.jpg

ヤマブキショウマ(上)とコンロンソウ(下)も。(8/20追記 写真も)

s-DSC03359.jpg

s-DSC03360.jpg

木道には、エゾハルゼミの抜け殻。


s-DSC03342.jpg


北斗展望台園地(サテライト展望台)からは、湿原を一望のもとに見ることができる。

s-DSC03351.jpg


恩根内(おんねない)には、環境省が整備した「恩根内ビジターセンター」がある。
湿原の自然などの展示と、自然解説ツアーなども実施されている。

s-DSC03363.jpg


ビジターセンターからは歩道が整備されていて、湿原を間近に観察できる。

s-DSC03386.jpg


訪れた6月下旬は、カキツバタが満開だった。

s-DSC03374.jpg


食虫植物のタヌキモも、黄色の可愛い花を咲かせていた。

s-DSC03385.jpg

ヤナギトラノオも黄色 (8/20追記 写真も)

s-DSC03389.jpg


ワタスゲはやや終りに近く、代わりにガマの穂ができていた。

s-DSC03373.jpg


s-DSC03388.jpg


このほか湿原観察や探訪には、コッタロや細岡などにも湿原の展望台があり、塘路湖エコミュージアムセンターなどもある。


かつては見向きもされなかった湿地・原野が、今では雄大な景観の国立公園として、多くの観光客を惹きつけている。

日本の国立公園誕生時の風景保護から、生態系、現在でいう生物多様性の保全を前面に押し出して指定された国立公園の先駆けともいえよう。

若き日に、ゴムボートで釧路川から湿原内に入り込んだり、湿原周辺の岬と呼ばれる丘陵地から湿原を眺めたりしてから40年。

悠久の時を経た湿原は、変わらぬその姿で私にしばしの感傷の時を与えてくれた。

40年前の湿原の写真

s-釧路湿原5_edited.jpg



1987年7月指定 28,788㌶
北海道

【本ブログ内関連記事】

知床五湖 観光客の増加と野生との共生? -国立公園 人と自然(5 追補)知床国立公園

意外と遅い?国立公園の誕生 -近代保護地域制度誕生の歴史

日本の国立公園は自然保護地域ではない? -多様な保護地域の分類

『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』出版2 ―第Ⅱ部 国立公園・自然保護地域をめぐる国際関係



nice!(48)  コメント(2) 
共通テーマ:学問