So-net無料ブログ作成

古代アンデス文明 [ちょっとこだわる:民俗・文化・紀行・時事など]

先月(2018年2月)、東京上野の国立科学博物館で開催されていた「古代アンデス文明展」に行ってきた。

南米の文明というと「インカ文明」が有名だが、展覧会はインカを最終にそれ以前のシカン、モチェ、ナスカなどの文明のそれぞれの土器をはじめ、ミイラも含めた幅広い展示物が集められている。

これらの発掘などには、長年にわたる日本人学者などの貢献が大きいという。

下の写真は、展示品のごくごく一部

モチェ文化の鐙型注口土器
s-IMG_4147.jpg


ティワナク文化のネコ科動物などをかたどった土製香炉
s-IMG_4151.jpg


シカン文化の壺など
s-IMG_4154.jpg


黄金の装飾品などが少ないのは、スペインの征服者(コンキスタドール)に奪われて、溶かされてヨーロッパに持ち去られたためという。


モチェ文化の儀式用ケープ
s-IMG_4149.jpg


シカン文化の金の胸飾り
s-IMG_4155.jpg


インカ帝国の皇帝アタワルパはフランシスコ・ピサロに捕らえられたが、その釈放条件として部屋を満たす黄金を要求された。
その黄金を帝国中から集めたものの、約束は反故にされて殺されてしまい、インカ帝国は滅びた。

ラテンアメリカからヨーロッパに持ち込まれたものは、黄金だけではない。

このブログでたびたび記事にしているとおり、トマト、ジャガイモ、ピーマン、インゲンマメ、落花生、アボガド・・・数え上げたらきりのない農産物やタバコなどの嗜好品が、コロンブスとその後の大航海時代以降に原産地のラテンアメリカからヨーロッパに渡り、今や私たちも日常的に接しているものとなっている。

関心のある方は、下記の本ブログ記事もご笑覧ください。

【本ブログ内関連記事】

そのチョコレートはどこから?

生物資源をめぐる国際攻防 -コロンブスからバイテクまで

一番人気の世界遺産 空中都市 マチュピチュ

生物資源と植民地 -COP10の背景と課題(1)

テーブルマウンテンが林立する「失われた世界」 -国立公園 人と自然(番外編2) カナイマ国立公園(ベネズエラ)




nice!(31)  コメント(2) 
共通テーマ:学問

戌年につき犬の姿をお年賀代わりに [日記・雑感]

新年あけましておめでとうございます

昨年中は不定期で少ないアップのブログにもかかわらず、ご訪問いただきありがとうございました。

皆様への訪問も、相変わらず数回分をまとめてで、それも回数が減ってしまいました。

しかし、皆様の記事には楽しませていただき、参考にさせていただくことや考えさせられることもたくさんありました。

一年間ありがとうございました。

今年の私のブログ更新は、昨年よりもっと滞るかもしれませんが、本年もよろしくお願いします。

皆様の今年のご多幸をお祈りいたします。

戌年の今年も、恒例の犬の仲間イヌ科の写真をアップします。
ネコ科の野生動物写真は多いけれど、イヌ科の写真は少ないので、ちょっと寂しい。

過去のブログに登場したものもありますが、お楽しみいただければ幸いです。

まずはわが家の愛犬。
オスの雑種だったけれど、10年前に16歳で他界。

写真(上)は、唯一(?)ブログに登場した写真(2005年撮影)。
写真(下)は、他界の前年のもの(2007年撮影)。
s-CIMG0823.jpg

s-CIMG0305.jpg


ブータンでは殺生が禁じられ、犬たちも道路でのんびり。

s-DSC05425.jpg


犬の仲間といえば、犬の祖先のオオカミ。

日本では明治時代に絶滅して、最後の生息情報は、明治38年(1905年)の奈良県鷲家口(現在の吉野郡東吉野村)で捕獲された若いオスだった。

北海道に生息していたエゾオオカミは、明治29年(1896年)に毛皮が輸出された記録が最後という(写真は、北海道大学植物園博物館にて)。

s-CIMG0617.jpg


現代の日本では、イヌ科の野生動物といえばキツネとタヌキ。

写真のキツネは、北海道阿寒湖で昨年6月末に撮影した餌をくわえるキタキツネ。

ちょっと貧相だけれども、野生で餌を求めて生きていくのは大変だ。

s-DSC03215_2.jpg


タヌキは、人家近でも、どっこい生きている!
勤務先の大学近くで、落ち葉にカモフラージュ。

s-IMG_2211_2.jpg


犬は狛犬として全国津々浦々の神社でよく見かける。

高崎市での巨木フォーラムで訪れた赤城神社(群馬県)の狛犬は、格式もありそうな堂々としたものだった。

s-DSC06998.jpg


伊豆の巨木フォーラムの際に訪れた天城神社の狛犬は、「はじめ狛犬」という独特の雰囲気を持っていた。

s-DSC04055.jpg


ユニークといえば、被災地訪問の際の竹駒神社(岩手県陸前高田市)の狛犬も、北国のせいか赤い手ぬぐいの頬かむりをしてユーモラスな顔つきだった。

m_s-DSC03891-30b2b.jpg


オオカミは、秩父・奥多摩地域の神社では、オオカミ信仰によって狛犬の代わりに奉納されている。

秩父での巨木フォーラムの際には、三峯神社などで多くのオオカミを見た。
写真はその一部、残りはブログ記事でどうぞ。

m_s-DSC01619-2da9b.jpg


m_s-DSC01653-45113.jpg

m_s-DSC01641-6b641.jpg

m_s-DSC01645-3ef82.jpg

キツネももちろん全国の稲荷神社に鎮座している。

伏見稲荷大社(京都市)では、大狐様がお出迎え。

m_s-DSC08296-55e09.jpg

そして、豊川稲荷(愛知県豊川市)は寺院だけれども、大狐様とたくさんのお狐様。

s-CIMG0031.jpg

s-CIMG0027.jpg

碇神社(埼玉県春日部市)では、イヌグスの巨樹とお狐様。


s-DSC01114-7d27a.jpg


重ねて、本年もよろしくお願いいたします。

【本ブログ内関連記事】

酉年につき鳥の姿をお年賀代わりに

申年につき猿の姿をお年賀代わりに

未年につき羊の姿をお年賀代わりに

午年につき馬の姿をお年賀代わりに

巳年の植物

【イヌ科の写真掲載ブログ記事】

(ブータンの犬)
ブータンで出会った動物たち ブータン報告4


(オオカミ)(愛犬を含む)
オオカミ復活!?  - シカの増加と生態系かく乱を考える

三峯神社 狼伝説と関東最強パワースポット ー 秩父の神社と巨樹(1)


(キツネ)
阿寒湖の巨樹・巨木林http://staka-kyoeiac.blog.so-net.ne.jp/2017-07-09


(神社狛犬)
巨木フォーラムin伊豆  そして、全国巨樹・巨木林の会設立20周年式典

ジパング黄金伝説 玉山金山と竹駒神社 -被災地訪問記3

(神社キツネ)
そこにある巨樹 ― 春日部駅近くの巨樹めぐり

nice!(32)  コメント(4) 
共通テーマ:学問

自然と文化が織りなす世界自然遺産候補 -国立公園 人と自然(22)奄美群島国立公園 [   国立公園 人と自然]

天皇の退位日が決定された。

慰霊と離島訪問の旅を続けてこられた天皇皇后両陛下が、先月、11月16日から18日までご訪問された奄美群島(ご訪問地は、沖永良部島と与論島)は、今年(2017年)3月7日に国内34番目の国立公園として指定された。
そして、世界自然遺産の候補地でもある。

s-DSC03183.jpg
国立公園指定を祝い、世界遺産登録を期待する横断幕(奄美空港にて)

奄美群島は九州と沖縄の間に位置し、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、喜界島、徳之島、沖永良部島および与論島の8つの有人島と周辺の無人島から成る。

亜熱帯の温暖多雨の気候とアジア大陸と日本本土との分離・結合を繰り返した地史により、独特の自然が育まれた。

世界でも北限とされるサンゴ礁、そして隆起を続けるサンゴ礁段丘や琉球石灰岩の海食崖、カルスト地形。

そこには、国内最大規模の亜熱帯照葉樹林や海岸のマングローブ林などが生育し、そこにはアマミノクロウサギ、アマミイシカワガエル、ルリカケスなどの固有種や希少種が生息している。

s-DSC03149.jpg
アマミノクロウサギ(剥製)(環境省奄美野生生物保護センターにて)


s-IMG_2968.jpg
アマミノイシカワガエル(奄美文化センターにて)

また、群島内ではこれらの自然と一体となった文化も育まれてきた。
現在でも、自然への畏敬や生活と自然の強い結びつきを示す風習や各種の痕跡なども見ることができる。

奄美群島国立公園は、単に貴重な自然を保護するだけではなく、人と自然が一体となった環境文化、文化景観もその特徴となっている。

上記のとおり、「やんばる国立公園」や「西表石垣国立公園」、「慶良間諸島国立公園」とともに、「奄美・琉球諸島」世界自然遺産登録が期待されている。

2017年3月7日指定
陸域面積42,181ha 海域面積33,082ha
鹿児島県

6月に「日本熱帯生態学会」が奄美大島で開催された際に訪れたので、その時の様子をご報告。半年近くも経ってしまったが・・・

まずは海岸部の様子。

梅雨の時期の雨模様の奄美大島で、残念ながら南国のサンゴ礁の青い海は見ることができなかったが、それなりの雰囲気はあった。

住用川河口には、奄美大島最大のマングローブ林が広がる。
s-DSC03017.jpg


土砂が外海に排出されにくい地形により形成された干潟には、メヒルギやオヒルギが混生していて、奄美大島はオヒルギの北限でもある。

s-DSC03022.jpg


引き潮の時には、マングローブの根元まで歩いていくことができる。

陸部には、ミフクラギ(オキナワキョウチクトウ)の白い花。

s-DSC03018.jpg


近くの砂浜海岸では、また別の顔が現れる。

s-DSC03042.jpg

s-DSC03050.jpg
グンバイヒルガオの群生

s-DSC03047.jpg
ハマゴウ


ホノホシ海岸は、太平洋に面した礫浜だ。

s-DSC03070.jpg

s-DSC03076.jpg


浜には、ハマアズキ、ハマナタマメなどが多い。

s-DSC03065.jpg
マンネングサ

s-DSC03088.jpg
ヒメハマナデシコ

s-DSC03087.jpg
ナンゴクボタンボウフウ

s-DSC03086.jpg
オオイタビの実


ヤドリ浜は、作家の島尾敏雄が特攻隊長として赴任して妻ミホと出会ったことでも知られている加計呂麻島との間の大島海峡に面した海岸だ。

s-DSC03099.jpg
加計呂麻島遠望

s-DSC03093.jpg
パイナップルのようなアダンの実

奄美大島の最高峰は、標高694mの湯湾岳。

山頂付近は強い風の影響で風衝低木林となっていて、国指定天然記念物でもある。
イジュ、コバンモチ、クロバイ、ヤママモなどが多い。

s-DSC03144.jpg


本州のフユイチゴは秋に花が咲き、冬に実がなるのでその名がついた。
しかし、アマミフユイチゴは、初夏に花が咲いて、夏に実がなる。

s-DSC03112.jpg


s-DSC03128.jpg
モロコシソウ

s-DSC03122.jpg
オオバカンアオイ

マングローブ林の住用に近い東仲間には、モダマの自生地がある。
マメ科のツル植物で、巨大なサヤエンドウのような実をつける。

s-DSC03013_2.jpg


種子が波に乗って日本各地の海岸に流れ着いたので、江戸時代には藻玉と呼ばれたらしい。
硬い種子は、印籠の根付などにも利用されたという。

モダマ自生地から近い三郎峠付近には、照葉樹二次林が広がり、オキナワジイ、イジュなどが見られるが、夜間にはアマミノクロウサギもよく出没するという。

s-DSC03015.jpg
アマミノクロウサギの糞


環境省奄美野生生物保護センターでは、展示物やビデオで奄美の自然紹介をしている。

s-DSC03147.jpg


天皇ご夫妻が奄美群島とともにご訪問した屋久島は、ともに鹿児島県に属している。

しかし自然の様子は、屋久島・種子島と奄美群島では大きく異なる。
この区分は「渡瀬線」と呼ばれている。

つまり、奄美群島の自然は、屋久島よりも沖縄諸島と類似しているのだ。
世界自然遺産が「奄美・琉球諸島」として候補地になっているのも、このためだ。

自然だけではない。

人々の生活や文化も、奄美と沖縄では共通・類似性が高い。
空港に近い奄美パークの「奄美の郷」には、奄美の文化に関する展示も多い。

s-DSC03171.jpg


ソテツの実を食べるための毒素除去作業
s-DSC03165.jpg


伝統芸能の仮面
s-DSC03159.jpg


奄美の健康飲料 〝みき″と〝くび木茶″も自然を活かしたものだ
s-DSC03157.jpg

s-DSC03156.jpg

九州と琉球(沖縄)の中間に位置する奄美群島は、古くから日本と独立国琉球王国との間で所属を巡る争いに引き込まれた。

江戸時代の薩摩藩による割譲併合や第二次世界大戦後の連合国(米軍)による支配など、鹿児島県といっても独特の歴史の波に揉まれてきた。

戦後の返還は、昭和28年(1953年)になってからだ。

まもなく迎える12月25日のクリスマスは、奄美の人々にとっては復帰後64年目の記念日でもある。

おまけ

海岸の休憩舎には、人の姿はなく、ネコの集会場となっていた。
s-DSC02989_2.jpg


【ブログ内関連記事】

世界遺産への期待と多難な課題 - 国立公園 人と自然(22) やんばる国立公園

世界遺産登録 -観光への期待と懸念

世界遺産候補になった東洋のガラパゴス、ペリーやジョン万次郎も訪れた島々 -国立公園 人と自然(2) 小笠原国立公園





nice!(49)  コメント(2) 
共通テーマ:学問