So-net無料ブログ作成

世界遺産への期待と多難な課題 - 国立公園 人と自然(22) やんばる国立公園 [   国立公園 人と自然]

やんばる国立公園は、2016年9月15日に指定された、日本で33番目の国立公園だ。

指定日の9月15日は、指定の33年前に固有種のヤンバルテナガコガネが発見された日だという。


s-s-やんばる2.jpg

 

奥深いやんばるの森(1999年11月撮影、以下同じ)


国立公園区域は、沖縄本島北部の国頭、大宜味、東の3村にまたがる陸域面積13,622ha、海域面積3,670ha。

沖縄本島北部のやんばる(山原)の森は、国内最大級の亜熱帯照葉樹林で、ヤンバルテナガコガネのほか、ヤンバルクイナ、ノグチゲラ、オキナワイシカワガエルをはじめとする絶滅のおそれもある希少な固有種が生息している。


s-s-やんばる.jpg


やんばるの森の照葉樹林

 

s-s-やんばる1999_11.jpg


やんばるの渓流
イシカワガエルなどが生息していそう?


環境省では、これら希少種の保護活動や普及啓発を行う拠点として「やんばる野生動物保護センター」を平成11年(1999年)に設置したが、平成22年(2010年)には展示棟を全面改修して「ウフギー自然館」としてリニューアルオープンした。
ちなみに、ウフギーとは地元の方言で大木を意味するという。


s-s-やんばる野生生物センター1999_11rev.jpg


やんばる野生動物保護センター
1999年のオープン半年後(画像一部修正)


2014年3月5日(サンゴの日)に指定された「慶良間諸島国立公園」や2016年に大規模区域拡張された「西表石垣国立公園」、さらに本年2017年3月7日に指定された「奄美群島国立公園」などと合わせて、政府では「奄美・琉球諸島」地域の世界自然遺産としての登録を目指している。

しかし、世界遺産登録までには多くの課題も残されている。

独自の進化を遂げた固有種を含む独特の生態系として世界遺産に登録された先輩格の小笠原諸島でも、外来種による固有種への影響が登録まで、そして登録後も課題だった。


s-s-P6290761.jpg


小笠原父島の海岸景観(2003年6月撮影)

 

s-s-App0006.jpg


小笠原の固有植物の一種ムニンツツジ
父島時雨山にて(2002年3月撮影)


やんばるでも、ノネコを含む外来種による固有種の捕食などが大きな脅威となっている。

外来種だけではない。交通事故による小動物の衝突死、貴重昆虫やランなどの採集・盗掘などもある。

また、水資源開発や都市化、観光開発などによる影響も、やんばるの森にも迫ってくるに違いない。

そして、この国立公園の大きな課題として、「米軍北部訓練場」の返還などがある。

国頭村と東村にまたがる森林地域の約7,800haは、米軍の演習場として利用されているが、今回の国立公園指定地域には含まれていない。

その一部が今後返還される予定であり、返還後に国立公園編入も含めて検討されることになっている。

しかし現状でも、部分返還に伴うヘリパッド建設やオスプレイ運行など、沖縄本島北部地域の生物多様性への影響も懸念される材料が残っている。

国際自然保護連合(IUCN)などでは、自然保護の最大の敵の一つは戦争・紛争だとしている。
国境を超えた自然保護地域の設定により関係国の友好を促進しようとする「国際平和公園」(国境を挟んだ国立公園)も、世界で100ヵ国以上の地域に設置されている。

一方で、渡り鳥などが最も安心できる生息地の一つが、70年にわたり人間の侵入もなく、戦乱もない、朝鮮半島の非武装地帯(DMZ)だというのも、何とも皮肉だ。

そして、自然だけではなく、文化財も戦火などで破壊される例が後を絶たないのは、何とも悲しいことだ。

少しでもこれを阻止する力となりたいと思う。


2016年9月15日指定
陸域面積13,622ha、海域面積3,670ha
沖縄県


この記事は、2016年9月16日掲載の「やんばる国立公園指定 - 世界遺産への期待と多難な課題」を「国立公園 人と自然」シリーズに再掲するために一部修正したものです。




nice!(41)  コメント(4) 
共通テーマ:学問