So-net無料ブログ作成

城願寺のビャクシン 頼朝の旗挙げを支えた土肥氏の菩提寺 [巨樹・巨木]

湯河原温泉(神奈川県湯河原町)での会合のついでに、天然記念物の巨樹ビャクシンがある城願寺を訪ねた。

城願寺は、JR東海道線湯河原駅裏手にある寺院だ。もともとは、城山山麓に平安時代からあった密教寺院だったが、800年ほど前の土肥郷(現在の湯河原)の豪族、土肥次郎実平の時代に、万世までもの一族の繁栄を願う「萬年山(万年山)」と号した菩提寺として現在地に建立されたという。

s-DSC02355.jpg


駅からの道路をそれて参道を進むと、仁王が対峙する山門がある。

s-DSC02346.jpg

s-DSC02347.jpg


門の裏には、六地蔵(?)が。

s-DSC02349.jpg


山門からの石段を上ると、右手に目当ての国指定天然記念物「城願寺のビャクシン」が聳え立っている。

s-DSC02350.jpg


この寺を建立した土肥実平のお手植えと伝えられ、樹齢は約800年、幹周6m、樹高20mの巨木だ。
国の天然記念物に指定されており、かながわの名木100選にも選定されている。

s-DSC02374.jpg


ビャクシン(イブキ)の幹はよじれ、いかにも800年を生き抜いてきた巨樹という風情がある。

s-DSC02352.jpg

s-DSC02360.jpg


境内には本堂のほか、釣鐘堂、七騎堂などがある。

s-DSC02357.jpg


s-DSC02353.jpg


さらに土肥一族墓所には、実平など66基もの墓石があり、その形態も多様だ。

s-DSC02363.jpg


この寺を建立した土肥実平は、もともとは平氏一族の中村氏の出身で、中村宗平の次男として相模国土肥郷を治めていた。

しかし、伊豆に流されていた源頼朝が平家打倒の旗挙げをすると、これに嫡男の遠平とともに参加した。

以後、多くの合戦に出陣して頼朝の平家討伐などにも功績があったという。

毎年4月には、頼朝の平家討伐旗挙げを記念した武者行列が開催されるそうだ。

s-DSC02377.jpg


土肥氏の館跡とされるJR湯河原駅前には、実平と妻の像がある。
今回は残念ながら、城山山上の土肥城址までは足を延ばすことはできなかったけれど。

s-DSC02379土肥実平.jpg


歴史のロマンを感じる土肥郷の道路脇には、小さな石像がたたずんでいた。

s-DSC02371.jpg


【本ブログ内関連記事リンク】

行った と・こ・ろ
(湯河原町 福泉寺の首大仏を含む)

源氏との因縁 鶴嶺八幡宮と大イチョウ

パワースポット 来宮神社の大クス






nice!(62)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問