So-net無料ブログ作成
検索選択

城願寺のビャクシン 頼朝の旗挙げを支えた土肥氏の菩提寺 [巨樹・巨木]

湯河原温泉(神奈川県湯河原町)での会合のついでに、天然記念物の巨樹ビャクシンがある城願寺を訪ねた。

城願寺は、JR東海道線湯河原駅裏手にある寺院だ。もともとは、城山山麓に平安時代からあった密教寺院だったが、800年ほど前の土肥郷(現在の湯河原)の豪族、土肥次郎実平の時代に、万世までもの一族の繁栄を願う「萬年山(万年山)」と号した菩提寺として現在地に建立されたという。

s-DSC02355.jpg


駅からの道路をそれて参道を進むと、仁王が対峙する山門がある。

s-DSC02346.jpg

s-DSC02347.jpg


門の裏には、六地蔵(?)が。

s-DSC02349.jpg


山門からの石段を上ると、右手に目当ての国指定天然記念物「城願寺のビャクシン」が聳え立っている。

s-DSC02350.jpg


この寺を建立した土肥実平のお手植えと伝えられ、樹齢は約800年、幹周6m、樹高20mの巨木だ。
国の天然記念物に指定されており、かながわの名木100選にも選定されている。

s-DSC02374.jpg


ビャクシン(イブキ)の幹はよじれ、いかにも800年を生き抜いてきた巨樹という風情がある。

s-DSC02352.jpg

s-DSC02360.jpg


境内には本堂のほか、釣鐘堂、七騎堂などがある。

s-DSC02357.jpg


s-DSC02353.jpg


さらに土肥一族墓所には、実平など66基もの墓石があり、その形態も多様だ。

s-DSC02363.jpg


この寺を建立した土肥実平は、もともとは平氏一族の中村氏の出身で、中村宗平の次男として相模国土肥郷を治めていた。

しかし、伊豆に流されていた源頼朝が平家打倒の旗挙げをすると、これに嫡男の遠平とともに参加した。

以後、多くの合戦に出陣して頼朝の平家討伐などにも功績があったという。

毎年4月には、頼朝の平家討伐旗挙げを記念した武者行列が開催されるそうだ。

s-DSC02377.jpg


土肥氏の館跡とされるJR湯河原駅前には、実平と妻の像がある。
今回は残念ながら、城山山上の土肥城址までは足を延ばすことはできなかったけれど。

s-DSC02379土肥実平.jpg


歴史のロマンを感じる土肥郷の道路脇には、小さな石像がたたずんでいた。

s-DSC02371.jpg


【本ブログ内関連記事リンク】

行った と・こ・ろ
(湯河原町 福泉寺の首大仏を含む)

源氏との因縁 鶴嶺八幡宮と大イチョウ

パワースポット 来宮神社の大クス






nice!(62)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

阿蘇  地震と噴火からの復興を祈念 [日記・雑感]

先日、ある会議で熊本県阿蘇に出かけてきた。

昨年(2016年)4月に発生した熊本地震では、熊本城の天守閣や石垣の損壊のほか、公共建物や一般家屋の倒壊などの被害が多数発生し、多数の死傷者も出た。

熊本空港(阿蘇くまもと空港)のある益城町では、最大震度7を二度も観測した。

今回は熊本市内には立ち寄らなかったが、空港から南阿蘇の会議場までの沿線だけでも、いまだに損壊した瓦屋根にはブルーシートがかけられ、多くの仮設住宅も立ち並んでいた。

途中、阿蘇大橋の崩落現場では復旧工事が進められていたが、まだ工事は完成せず迂回路を通らざるを得ない。

二千年以上の歴史を有する肥後国一宮、阿蘇神社では、重要文化財の楼門と拝殿が全壊し、拝殿に隠れていた社殿が直接目の前に現れている。

s-DSC02305.jpg
仮設の拝殿(拝所)と地震で残った社殿

s-DSC02302.jpg
地震で全壊した楼門脇の還御門

活火山の阿蘇山は、富士山よりも早く中国の文献にその名が記載されるなど、古代から火の国熊本の象徴となってきた。

世界最大級のカルデラの火口原(外輪山内側)には、3つの自治体に約5万人の人々が暮らしているそうだ。

10万年前から活動している阿蘇火山群の中で、現在最も活発に活動しているのが中岳(1506m)だ。
火口までは道路やロープウェイも整備され、噴煙を噴き上げる様子を直接見物できることから、観光名所となっていた。

しかし、昨年10月に、爆発的噴火が発生して、噴火警戒レベル3が発令された。
火口付近のシェルター(退避壕)も噴石で押しつぶされているという。

レベル1に引き下げられた現在でも、中岳火口周辺1kmは立ち入り規制が継続されている。

s-IMG_2494.jpg


観光名所の草千里には、ようやく地震で被害を受けた道路も普及して車で到達できるようになったが、周辺の展望地には立ち入り禁止が続いている。

s-DSC02316.jpg


それでも、草地維持のための野焼きも行われ、日々の暮らしが少しずつ戻ってきているようだ。

s-DSC02315.jpg
野焼きで黒くなった草地


夜が過ぎれば、再び朝焼けの阿蘇五岳が姿を現す。

s-DSC02285.jpg


亡くなられた方々のご冥福と一日でも早い復興をお祈りしています。

s-IMG_2482.jpg


【本ブログ内関連記事リンク】

世界的大カルデラの魅力と草原の危機 -国立公園 人と自然(15) 阿蘇くじゅう国立公園




nice!(46)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問