So-net無料ブログ作成
検索選択

小清水原生花園 [日記・雑感]

阿寒湖での巨木フォーラム打ち合わせのついでに、数十年ぶりの道東を探訪した。

小清水原生花園は、濤沸湖とオホーツク海の間の砂丘に広がる8kmにも及ぶお花畑だ。
網走国定公園の一部でもある。

s-DSC03420.jpg


s-DSC03400.jpg


濤沸湖は、砂州の発達により海から切り離されて生じた湖で、潟湖とか海跡湖と呼ばれている。

s-DSC03393.jpg


オホーツク海沿いには、サンゴ草群落で有名な能取湖、ホタテで有名なサロマ湖など同様の湖が多く、いずれも淡水と海水が混じり合った汽水だ。

湖周辺の草地では、牛や馬の放牧も行われているが、ハマナスなどの花も多く、原生花園の一角を形成している。

s-DSC03394.jpg



濤沸湖に沿って、というか海岸に沿って、国道244号線とJR釧網本線が走る。
「原生花園駅」は花のシーズンだけの臨時駅で、普段は列車や乗客もいない駅舎は、土産物と軽食の売店(カフェ)となる。

s-DSC03403.jpg


s-DSC03483.jpg


駅舎の踏切を渡ると遊歩道が整備されていて、海岸までの砂丘には色とりどりの花が咲いている。

s-DSC03427.jpg

s-DSC03412.jpg

s-DSC03421.jpg

s-DSC03475.jpg


訪れた7月初旬は、エゾスカシユリ、エゾキスゲ、ハマナス、エゾノシシウド、エゾフウロ、ハマエンドウなどが花をつけていた。

s-DSC03471.jpg


北海道を代表する花 エゾスカシユリ
名前のとおり、花弁の付け根が離れている(隙間がある)

s-DSC03418.jpg

s-DSC03422.jpg

エゾキスゲは幻想的な黄色の花だ。その美しい花は、たった一日だけでしぼんでしまうという。

s-DSC03398.jpg


s-DSC03482.jpg


バラの仲間のハマナスは、染料や食用(果実は食用、花はお茶)にもなる。
皇太子妃雅子さんのお印でもある。

s-DSC03409.jpg


s-DSC03481.jpg


小さな白い花が傘状に集まった大型のエゾノシシウドは、オホーツク海の風景に溶け込んでいる。

s-DSC03477.jpg

s-DSC03408.jpg



ピンクの花エゾフウロは、咲き出したばかりで9月上旬まで見ることができるという。

s-DSC03478.jpg



全国の海浜に生育するハマエンドウ。残念ながら北海道特有でもないので、「エゾ」が冠されていない。

s-DSC03476.jpg




久しぶりの原生花園。

かつて道東の住人だった頃に、稚内までオホーツク海沿いを北上して、行く先々で原生花園の花々を愛でた時を思い出す。

あの頃は若かったなぁ~



【本ブログ内関連記事】

阿寒湖の巨樹・巨木林

花菜ガーデンのユリ



nice!(44)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 44

コメント 4

TaekoLovesParis

きれいですねー。自然が作ったお花畑。ハマナス、エゾスカシ百合の写真、久しぶりに見ました。海辺に隣接しているから広々として気持ちがいいですね。
by TaekoLovesParis (2017-07-23 00:37) 

mimimomo

おはようございます^^
あらstakaさんは北海道にお住まいだったことがおありなんですね。お若い頃の楽しい思い出?^^
この小清水原生花園には行きました。時期も似た頃でしょうか、エゾスカシユリやエゾキスゲを見た覚えがあります。でもお天気が悪かったことが第一の記憶かしら(><;
by mimimomo (2017-07-23 06:33) 

staka

TaekoLovesParisさん

そうですね! 海辺の原生花園も、高山のお花畑も、自然は美しく、素晴らしいですね~
by staka (2017-07-23 07:29) 

staka

mimimomoさん

小清水原生花園は、知床にも近く、道東観光では立ち寄る方も多いようですね。でも、お天気が悪かったのは、残念でしたね。
by staka (2017-07-23 07:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0