So-net無料ブログ作成
検索選択

対立を超えて -『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』出版4 [生物多様性]

 拙著『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』の第Ⅳ部のご案内です。
 これでご案内は、とりあえず終了です。

 実は現在、国際学会での研究発表のため、ブータンのブムタンに滞在中です。
 この記事は予定投稿ですが、ハッカーによるなりすましの遠隔操作ではありませんので念のため(笑)

s-s13-Kapur樹冠DSC01634.jpg
本書のカバー(表紙)にもなっているカプールの林冠(マレーシア森林研究所FRIMで)
太陽光線を求めて譲り合った結果、複雑に入り組んでいる姿は、
本書のテーマでもある『共生』を見事に表している



 第Ⅳ部では、生物多様性保全のための政策アプローチについて考察し、これまでのまとめを行う。

 まとめとして、まずは第12 章で、地球環境問題としての広がり、地球公共財、生命中心主義などの視点から課題を考察する。

 さらに、地球温暖化、自然災害や国際平和、聖なる山と巨樹を継承することなどに対する生物多様性・保護地域の新たな役割と期待について考え、対立を超えて共生するための政策アプローチと地域、種類、時代を超えた三つの共生を提案する(第13 章)。

s-s13-オイルパーム出荷DSC00076.jpg
地球温暖化防止のためのバイオ燃料の原料アブラヤシ
一方で、プランテーションの拡大は生物多様性の喪失原因

s-s13-奇跡の一本松DSC03904.jpg
自然災害の防止のためにも生物多様性機能は期待されている
写真は、奇跡の一本松(岩手県陸前高田市)

s-s13-ブロモ山日の出DSC02291.jpg
インドネシアの聖なる山ブロモ山で日の出を待つ人々

s-s13-加茂の大クスCIMG3203.jpg
地元に密着した巨樹 加茂の大クス(徳島県つるぎ町)

s-s13-タトラ国立公園(ポーランド).jpg
ヨーロッパでもっとも古い国際平和公園
タトラ国立公園(ポーランド)





【目 次】

第Ⅰ部 生物多様性をめぐる国際関係

(ブログ記事「『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』出版1」参照)

第Ⅱ部 国立公園・自然保護地域をめぐる国際関係

(ブログ記事「『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』出版2 ―第Ⅱ部 国立公園・自然保護地域をめぐる国際関係」参照)

第Ⅲ部 インドネシアの生物多様性保全と国際開発援助

(ブログ記事「インドネシアの生物多様性と開発援助 -『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』出版3」参照)

第Ⅳ部 対立を超えて──生物多様性・保護地域 その新たな役割と期待

第12章 生物多様性保全への政策アプローチの検討
 広がりとしての地球環境問題への政策対応
 地球公共財としての政策対応
 生命中心主義への政策対応

第13章 生物多様性・保護地域の新たな役割と期待
 地球温暖化と生物多様性
 生物多様性・保護地域と自然災害
 聖なる山と巨樹の継承
 国境を越えた国際平和公園
 生物多様性保全の政策アプローチ
 持続可能な開発と三つの共生

あとがき
参考・引用文献
索引


生物多様性カバー (表).JPG 【ブログ内関連記事】の紹介は、↑の目次にリンクを貼りました。写真も関連記事にリンクしています。
 書籍内(↑も含む)の写真は、すべて著者が世界各地で撮影してきたものです。

 『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』 明石書店刊 

 割引価格でご提供します。左上ブログメールから連絡してください。


nice!(65)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 65

コメント 4

hidamari

メール送りましたが、届きました?

by hidamari (2014-06-02 05:28) 

staka

hidamariさん、すみません!!
ブータンに海外出張中で、ブログメールのチェックがうまくいきません。
インターネット環境が悪いので、チェックできしだいご返事します。お許しくださいね。
by staka (2014-06-03 00:36) 

mimimomo

こんにちは^^
ただ今第6章まで読み終えました・・・少しずつですが理解しています。
ブータンのブムタンってどの辺りかしら。行かなかったですね、そこは。
by mimimomo (2014-06-18 14:43) 

staka

mimimomoさ~ん、ご購読ありがとうございます。

ブムタンは、ブータン中部ですが、国際空港のある西部のパロから、3000m級の峠を3つも越えて、小型バスで13時間(途中の工事による停滞も含め)もかかりました。

ブログ記事で、少しずつご紹介しますので、お楽しみに。
by staka (2014-06-18 18:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。