So-net無料ブログ作成
検索選択

子ども連れはワイルド? [自然の中での余暇と癒し]

 今日も蒸し暑い。梅雨が明ければ、キャンプのシーズンだ。今回のブログは、キャンプをする目的や行動は、子ども連れのほうが大人だけのグループよりも、自然とのふれあいを求めたり、不便さを体験するためにキャンプをする傾向が強いという調査結果についてだ。

 前のブログ記事「あなたは何派? -キャンプ場での自然ふれあい」では、キャンプ場利用の際に自然とのふれあいを目的としているかどうかで、3タイプに分かれるという話をした。つまり、(A)自然志向が強く、自然体験のために来訪する利用者(自然ふれあいタイプ)、(B)キャンプ活動自体に関心のある利用者(キャンプ活動タイプ)、(C)グループ内での親睦を図ることを目的とする利用者(グループ親睦タイプ)、の3タイプだ。その際にも少し触れたが、今回も箱根芦ノ湖キャンプ村でのアンケート調査結果から、子ども連れとそうでないグループ(子供なしグループ)の違いを紹介する。(この調査では、子どもとは、中学生以下を対象とした)

 s-家族キャンプP8080802.jpgそもそも箱根に行った目的は、全体では「自然の中で休息するため」や「キャンプをするため」「グループでの親睦のため」が多い。子ども連れでもこれ自体は変わりないが、子どもなしグループと比べて、「グループでの親睦」のためと回答した割合は、統計学上有意に低かった。逆に「動植物などの自然観察」のためとする割合が有意に高かった。つまり、親睦のためよりも自然観察を求める傾向が強いといえる。小さな子どものいる家族であれば、わざわざキャンプで親睦を図らなくても、日常生活での親子のふれあいが大事なのは当たり前だけれどもね。

 同様に、キャンプ村を選定した理由も子ども連れでは、「自然の中で過ごすため」(64.7%複数回答)、「周囲の自然が良好だから」(48.4%)、「経費が安いから」(43.0%)などが多く、特に「自然の中で過ごす」と「周囲の自然が良好」とする理由の割合は、子供なしグループよりも有意に高かった。箱根に行った目的と合わせて、子ども連れのほうが子供なしよりも、総じて自然とのふれあいを求める傾向が強いようだ。

 s-VCクラフト0285.jpgさらに、キャンプ村選定理由では、「不便さを体験するため」とする割合が、子ども連れのほうが子供なしよりも有意に高かった。実際に宿泊したのは、設備の整ったケビン棟が大半だが、その設備の必要性では、テレビや電話は全体的に必要性が低かったが、クーラーと電子レンジは子ども連れと子供なしで差があり、ともに子ども連れのほうが必要性が有意に低かった。どうやら子ども連れのほうが、できるだけ都会的な生活から離れて、多少不便でも自然の中で過ごそうとする意識が高いといえるのではないだろうか。なお、オートキャンプ宿泊の割合が子ども連れで有意に高く、フリーテント宿泊は有意に低かった。これは、不便さや自然とのふれあいを望みながらも、低学年児童や幼児連れでは、フリーテントでの宿泊は親子とともに負担が大きいからと考えられる。

 しかし前の記事で紹介した欧米家族のような、キャンプ村に数日滞在して、のんびりと自然の中で過ごすことは、日本の子ども連れでは困難なようだ。その最大の理由は旅行日程に余裕がない、すなわち休日日数が少ないことだ。また、自然の中でのんびりする(数時間滞在する)ことについては、同伴の子供がじっとしていない、嫌がるなどの理由で、したくともできないと回答する親が多い。

 身近な自然が失われていくなかで、幼児期からのキャンプ場などでの自然とのふれあいの重要性が指摘されている。子どもを持つ親もそのことを意識しているのだろうが、実際には休日が少なく、施設も高いなど、なかなか実行できないようだ。

 キャンプ村での欧米人家族が、親と子それぞれに自然とふれあい、のんびりとした時間を楽しむ姿(前回ブログ)には、生活の中に根ざした自然志向が反映されているようにも思う。かつて私たちは、戦後の高度経済成長の中で欧米(特にアメリカ的な)の物質的に豊かな生活を追い求めてきたが、低経済成長と東日本大震災・原発事故によって価値観と生活感がいやでも変革せざるを得ない現代、そろそろ精神的な豊かさにも追いつきたいものだ。

 *詳細は拙論文「自然体験の場としてのキャンプ場利用者の意識と行動」(共栄大学研究論集10,pp.265-285,2012年)

 (写真上)テントでキャンプ生活を楽しむ欧米人家族(芦ノ湖キャンプ村で)
 (写真下)親子で楽しむクラフト作り(キャンプ村近くの箱根ビジターセンターにて)

 
 (関連ブログ記事)
 「あなたは何派? -キャンプ場での自然ふれあい
 「自然と癒し -日本人は自然の中でのんびりと過ごせるか
 「バーベキュー炭もマングローブから:マングローブの生活資源 -スマトラ島のマングローブ林から(3)
 「物質と便利さを求める若者気質と自己表明
 「アルバニアのんびりカフェ


nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 24

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0