So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

四谷・左門町界隈(2) 忍者ハットリ君の墓も! 坂の町、寺の町 [ちょっとこだわる:民俗・文化・紀行・時事など]

前回記事の須賀神社から四谷にかけては、坂が多く、またお寺さんも多い。

須賀神社に続く天王坂のすぐ近くには、「観音坂」というのもある。坂の途中の真成院にある潮踏観音に因むという。(写真↓は、坂下から)

s-DSC00891.jpg

潮踏観音とは、前回記事のとおり、かつて海水がこの辺りまで来ていたことにも関係あるらしい。
四谷周辺は、「塩踏の里」とも呼ばれていたという。

父親からは、かつてこのあたりの谷地は「鮫ヶ橋」と呼ばれていたと聞いた記憶がある。
サメも出るというからには、やはり海とも繋がっていたのだろう。
須賀神社近くのお寺の水鉢には、明和3年の年号とともに「鮫ヶ橋谷町」の銘が刻まれている。

s-DSC00888.jpg

須賀神社のあたりは、新宿から四谷にかけての甲州街道(現在の新宿通り)から尾根のよう張り出た台地上に位置する。

なるほど坂が多いはずだ。どちらに行っても坂がある。
先ほどの銘の「谷町」もうなづける。

これらの坂の一つ、その名もオドロオドロシイ「闇坂」(くらやみざか)。
JR中央線の線路(信濃町駅方面)に向けて落ち込む急坂だが、かつて坂の左右にお寺があって樹木が茂り、昼なお薄暗い坂だったためにこう呼ばれたという。

小学校の同級生たちも何人かがこの周辺に住んでいて、よく遊びに行ったものだ。
自転車でこの急坂を下ることは、臆病な私には到底できなかった。

s-DSC00846.jpg

須賀町や四谷周辺には、坂だけではなく、お寺も密集していて、寺町ともいわれる。
お寺さんが隣同士、あるいはお向かいなど、どちらを向いてもお寺だらけだ。
私が子供のころに一時通った学習塾は、お寺の本堂でアルバイトの大学生が一人で教えていた。まさに寺子屋だった。

s-DSC00836.jpg

先ほどの「観音坂」は、真成院と「西念寺」との間の坂だ。
坂上からの写真↓の左側の塀が西念寺。

s-DSC00859.jpg

西念寺は徳川家ゆかりの寺だ。

s-DSC09653.jpg

門扉にも葵の紋が附されている。

s-DSC00861.jpg

ここには、徳川家康の旧臣で、槍の名手、そして伊賀忍者の総帥であり、皇居(旧、江戸城)の半蔵門にその名を残している服部半蔵の墓がある。

s-DSC09655.jpg

家康の長男の信康は、織田信長から謀反の嫌疑をかけられて切腹を命じられた。
半蔵は、信康の介錯を家康から命ぜられたが、主君でもあった信康の介錯はついにできなかった。

後に、信康の冥福を祈るために仏門に入り、この西念寺を開山して、信康の供養塔を建立したという。

s-DSC09659.jpg

服部半蔵は、単に武勇に秀でただけではなく、深い情をも兼ね備えた人だったようだ。
そこが、漫画でも「忍者ハットリ君」として皆に慕われるキャラクターとなったのかな~、と勝手に想像している。

忍者ハットリ君の墓からは、彼が警護した江戸城を防御するための外堀と見附があった四谷も近い。

次回は、江戸の名残と明治・大正のモダンが混在する四ツ谷駅周辺。







nice!(98)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

四谷・左門町界隈(1) お岩さんとお天王様 [ちょっとこだわる:民俗・文化・紀行・時事など]

国際協力機構(JICA)(本部:東京都千代田区二番町)での会議のついでに実家(東京都新宿区左門町)に寄って、そこから四谷・JICA本部まで歩いてみた。


新宿区内には、町名変更(住居表示)の嵐を逃れた由緒ある町名がたくさん残っている。
「左門町」の町名も、江戸時代に諏訪左門という先手組組頭の屋敷があったことに由来するという。

町域は、JR信濃町駅と地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅を貫く外苑東通りの両側だ。

s-DSC00829.jpg


東京オリンピック(1964年)前までは、品川車庫/天現寺橋(うろ覚えだが)から四谷三丁目(元、塩町)の間を都電が走っていた。
道路の真ん中には都電軌道敷きがあったが、現在では道路も拡張されて、両側にはビルが立ち並んでいる。
都電軌道敷の御影石は、代々木オリンピック会場広場の敷石として利用されている。
信濃町側(明治神宮外苑側)から四谷三丁目方向(新宿通り)の写真↑右側には、四谷警察署がある。

この町出身の一番の有名人は、なんと言っても「四谷怪談」の主人公、「お岩さん」だろう。

「田宮稲荷神社」(通称、於岩稲荷)は、お岩さんの父、田宮又左衛門の住居にあった社で、婿養子の夫、田宮伊右衛門とともに家盛を再興したお岩さんが信仰していたそうだ。
現在では、都の指定旧跡となっている。

s-DSC00840.jpg


お岩夫妻は本当は夫婦円満だったというが、鶴屋南北の戯曲『東海道四谷怪談』が世に出ると、怪談話のモデルとしてすっかり有名になった。

芝居や映画で四谷怪談を取り上げる際には、現在でも必ず俳優などが参拝する。
最近では、パワースポットとしても有名らしく、若い女性が参拝しているのをよく見かける。

s-DSC00842.jpg


すぐ斜め向かいにも、お岩さんと称される「於岩稲荷陽運寺」がある。

s-DSC00844.jpg


手前右の赤い幟が田宮神社、その先左の赤い幟が陽運寺。

s-DSC00843.jpg


お岩稲荷の本家争いをしていたと聞いたことがあるが、今はどうなっているのか。

境内には、お岩さんの産湯につかった(と聞いた記憶があるが)井戸が残されている。
井戸にはそのような説明板もないから、産湯というのは根拠のない言い伝えに過ぎなかったのだろう。
子供のころには蓋もなく、隣接する銭湯への行き帰りによく中を覗き込んだものだ。

s-DSC00837.jpg


お岩さんのすぐ近くには、「須賀神社」がある。ここの町名は、神社に因んで須賀町。
須賀神社は、須佐之男命(すさのおのみこと)(別名 須賀大神)と宇迦能御魂命(稲荷大神)の二柱を主祭神とする。

s-DSC00848.jpg


牛頭天王(ごずてんのう)はインドの神が仏教に取り入れられたものだが、さらに日本では須佐之男命と習合した。
このため、須賀神社は「天王様」とも称され、子供のころにはもっぱらこちらの名で呼んでいた。

お祭り(例大祭や酉の市)になると、神楽殿では神楽舞が奉納された。
当時は、この向かい側の現在神輿蔵になっているところも神楽殿(舞台)で、こちらでの奉納の方が多かったように記憶している。


s-DSC00849.jpg


見世物小屋や夜店がたくさん出て賑わった境内広場も、現在ではマンション(写真↓の右建物)が建って狭くなった。

s-DSC00853.jpg


須賀神社は四谷の総鎮守であり、例大祭「天王祭り」の際には、四谷地区(現在の新宿区になる前は、四谷区として独立していた)の各町内から神輿が出て、神輿行列で四谷の町中を練り歩いた。

台地上の先端に位置する須賀神社から神輿を担いで台地下に下りるときには、この女坂を使う。

s-DSC00850.jpg


一方の男坂は急峻で、足を滑らせると昔は海水が来ていたという谷底にまで転がり落ちそうだ。

s-DSC00855.jpg


谷底から先は急な上り坂で、右側には甲州街道の新しい宿場町、内藤新宿の生みの親である高松喜六や江戸時代の国学者、塙保己一の墓がある「愛染院」がある。

さらにその先の右側、現在ではマンションになっているところには、かつてラジオ局の「文化放送」社屋があり、芸能人などがよく出入りしていたものだ。

この坂は、坂の途中の愛染院の反対側にある「東福院」に因んで「東福院坂」と呼ばれるが、須賀神社にちなんで「天王坂」とも呼ばれている。(写真↓は、かつての文化放送側から)

s-DSC00858.jpg


次回は、これらの坂とお寺にまつわる話を追加する。服部半蔵も登場の予定。


nice!(85)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

春の発見 保育授業から [日記・雑感]

春の明るさが一気に吹き飛んでしまった熊本初め九州の地震被災者の皆様にお見舞い申し上げます。(謹んで追記させていただきます)

さて、この時期、多くのブログでアップされる花や鳥などで、居ながらにして春を感じている。

時間がなくて、数日分の記事をまとめての訪問となり失礼しています。


私が担当している大学の授業の一つに、「保育内容(環境)」がある。
幼稚園教員養成のための選択必修科目で、文科省の幼稚園教育要領に示された5領域の一つが「環境」だ。

少しでも多くの人に、自然に感動し、季節の移り変わりにも気づいてもらいたい。
それには幼児の時からの自然体験も重要で、まずは幼稚園教諭を目指す自分たちに体験してもらうことが必要だ。

先週4月13日の授業では、大学キャンパスとその周辺で、春の訪れを感じさせるような自然の形、色、音、香り、手触りなど、学生たちに「春を発見」してもらった。

ブログ記事では残念ながら、ウグイスやシジュウカラ、キジなどの鳴き声、若葉を揺らす風の音、さらには花々の甘い香りやハナニラの臭いなどはお届けできない。

以下は、『春の発見』と題した先日の授業中とその前後数時間での「発見」された春の中から、ごく一部をご紹介。

まずは定番のサクラ。
ソメイヨシノはだいぶ葉桜となってしまったが、まだまだ花びらが残っている木もある。

s-DSC00791.jpg

それに代わって八重桜が見ごろ。

s-DSC00824.jpg


キャンパス隣接地の畑のアブラナ(菜の花)も春の代表。

s-DSC00786.jpg


これも定番、タンポポと群がるミツバチ。

s-DSC00800.jpg


かわいい坊主頭のような綿毛も、遠い旅立ちを誘う風を待っているようだ。

s-DSC00811.jpg


ヨーロッパ原産のヒメオドリコソウも今ではすっかり路傍に定着、モンシロチョウも一休み。

s-DSC00798.jpg


同じくヨーロッパ原産といわれるオオイヌノフグリ。
その名の由来(犬の陰嚢)とは似つかわない可憐な花だ。

s-DSC00780_2.jpg


キャンパス内の雑木林、コナラにも新緑が。

s-DSC00788.jpg


雑木林の足元にはタチツボスミレ。

s-DSC00767_2.jpg


同じ新緑でも、クスノキの芽吹きは赤く紅葉のようだ。

s-DSC00790.jpg


キャンパスから離れて、近くの川まで行くとカルガモの夫婦?
つがいも春の風景かな?

s-DSC00809.jpg


川土手のカラスノエンドウ(ヤハズエンドウ)にも春の訪れを告げるベニシジミが。

s-DSC00810.jpg


休耕地にはキジの姿も。これもつがいだった。

s-DSC00821_2.jpg


そして、土筆(ツクシ)はもう終わったが、スギナがその名のとおり杉林を彷彿させる姿で群生していた。

s-DSC00808.jpg



このほか、花壇などには、ここで紹介しきれないほど春の花などもいっぱい。

大学も新学期で賑やかになったが、野外も春の賑わいで溢れている。
皆さんのブログ記事もいいけれど、実際に春に触れてみることにしよう。


【本ブログ内関連記事】

春爛漫 庭先の樹花

丹沢山麓の新緑に魅せられて

春先所感 日本とインドネシア

子ども連れはワイルド?

武蔵野の雑木林と炭

初夏の浜辺の花

海辺のお散歩と夏の海浜植物

丹沢仏果山 キノコの賑わい

植物名の由来・分類





nice!(72)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
前の3件 | -