So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

そこにある巨樹 ― 春日部駅近くの巨樹めぐり [巨樹・巨木]

長年勤務していても、家と勤務先の往復だけで、意外と周辺のことは知らないものだ。

ということで5月のことだが、勤務先に近い東武スカイツリーライン線春日部駅(埼玉県)東側の粕壁地区の巨樹めぐりをしてみた。

なお、この粕壁地区は、日光街道の宿場町で、「奥の細道」の芭蕉もこの地に宿泊したといわれている。

まずは、「碇(いかり)神社のイヌグス」。

s-DSC01110.jpg

春日部市市民文化会館近くにある無人の小さな祠の傍、推定樹齢600年、幹周約4.4mの巨樹だ。
南方に多いクスノキ科のイヌグス(タブノキ)としては北で生育しているということで、埼玉県の天然記念物にも指定されている。

樹勢は旺盛だが、治療によるコンクリート注入と支柱が痛々しい感じだ。

s-DSC01114.jpg

現在の碇神社の周囲は私有地に囲まれていて、もともとの参道からは入れないので、唯一開放されている市道から祠の裏側に入り込む。

市道の反対側は大落古利根川で、江戸時代には水運の重要路だったようだ。近くには下喜蔵河岸(しもきぞうがし)という船着場もあり、碇神社の名もそこが由来ともいう。

イヌグスは、この船着場への目印にもなっていたという。


大落古利根川を渡った八坂香取稲荷神社に隣接する「仲蔵院」には、樹齢250年という「牡丹つつじ」があるという。

s-DSC01093.jpg

250年もの古木、果たしてどんな巨樹か?
境内を勝手に探したが見当たらなくて、ついにお寺さんにお尋ねした。

なんと!! 樹勢が衰えてきて数日前に伐採したところだというではないか。
まだ白い切り口が、これまた痛々しい。残念。

s-DSC01090.jpg

それでも取り木用に残した枝に、一輪の花が残っていた。

s-DSC01088.jpg

どうやら八重咲のツツジのようだ。

最後の一輪。
まさにラッキーというほかない。


春日部駅近くの「最勝院」。
広い境内を有し、徳川三代将軍家光を日光に葬送する際には旅宿にもなったという。

s-DSC01102.jpg

門の奥の本堂脇にある墳墓の上には、大きなシイがある。

s-DSC01098.jpg

この墳墓は、南北朝時代に新田義貞の家臣として後醍醐天皇に仕えた春日部重行の墓という。

重行は、元弘の乱などの功により下河辺荘の武蔵国春日部郷(現在の春日部市内牧地区の一部)と上総国山辺郷の地頭職となり、春日部の祖ともいわれる。

墳墓の頂のシイの木は、巨大な墓碑として重行の功績を今に伝えんとしているかのようだ。

s-DSC01101.jpg

このシイの巨樹には、名前は付されていないのだろうか。
調べてみてもそれらしいものは見当たらない。

それならば、ということで勝手に命名してしまおうか。
「最勝院の墳墓のシイの木」はどうだろう? 「の」が多すぎるかな?


このほかにも、春日部市内に限らず、皆さんの身近なところにもまだまだ巨樹は多い。

しかし、いつの間にか邪魔になり伐採されるものも多い。

せめて名前でも付されていると、親しみも沸き、多くの人々が関心を持つことで、伐採を免れる場合もある。


巨樹に関心と愛着を持つ人々の年に一度の集い、「巨木を語ろう 全国フォーラム」も今年で29回目。
10月1日(土)と2日(日)に埼玉県秩父市で開催される。

私も共催者の全国巨樹・巨木林の会会長として参加するが、秩父路ではどんな巨樹がお出迎えしてくれるだろう。

全国巨樹・巨木林の会 全国フォーラム案内
http://www.kyojyu.com/forum/

多くの方に巨樹への関心と愛着を持っていただきたいと切に願います。


【本ブログ内関連記事リンク】

新緑の鞍馬寺・貴船神社 義経伝説とパワースポットを追って(3) 愛のパワースポット 貴船神社

巨木フォーラム in小豆島(2) ― 小豆島の巨樹めぐり

巨木フォーラム 群馬・高崎・倉渕

パワースポット 来宮神社の大クス

ほか、マイカテゴリー「巨樹・巨木」内記事をご覧ください。



nice!(37)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

生物多様性の宝庫での熱帯林研究者たちの情熱 ― 国立公園 人と自然(海外編13)ランビル・ヒルズ国立公園(マレーシア) [   国立公園 人と自然]

私にとって長い間の念願だったランビル・ヒルズ(Lambir Hills)国立公園訪問がやっとかなった。

ランビル国立公園は、マレーシア・サラワクの国立公園としては、バコ国立公園のテングザルや食虫植物などのような特に珍しい生物が見られるわけでもない。ニア国立公園、あるいはロアガン・ブヌッ国立公園のように大規模な鍾乳洞や湿地があるわけでもない。

それでも私にとってぜひ訪れてみたかった理由は、そこが熱帯林研究の先駆的な中心地だったからだ。

私は生態学者でもないから、必ずしもそこの生態系そのものに強い関心があるわけでもない。

それよりも、その研究が遂行されるための設備や体制、あるいは研究成果の活用などに関心がある。

その象徴が、地上80mもの高さのクレーンだ。

s-DSC00476.jpg

サラワク東部の中心都市ミリから車で30分ほどに位置するランビル国立公園の面積は6,952haで、1975年に国立公園として指定された。

s-DSC00260.jpg
ランビル・ヒルズ国立公園管理事務所

その名のとおり、ランビル山(465m)を中心とした丘陵地の熱帯林地帯だ。

その森林は、かつてはラワン材として知られた多くの種類のフタバガキ科の混交林だ。
この森林の特徴は、珍しい生物というよりも、その種数の多さだ。

東京ドーム10個分のおよそ50haの調査区に1100種以上の樹木が生い茂っていて、そこでは1200種もの昆虫が生活しているのだ。

私たちが日本で目にする例えばブナ林のように限られた種類の樹木から成る森林と比べると、いかに種類が多いかが想像できる。

この種数の多さ、すなわち多様性の豊かさは、マレーシア随一という。

熱帯では特別に珍しいというわけでもないようだが、日本から来たものとしては見るものすべてに興味がわく。

歩くヤシは、
日照や水分を求めて側根を枯らしながら少しずつ移動していくヤシだ。

s-DSC00329.jpg

3cmもある巨大な森林アリは、ボルネオ島ではもちろん、世界でも最大級のものだ。

s-DSC00450.jpg

このほか、ショウガの仲間のきれいな花、美しいチョウ、花のミツを吸いに来たハチドリなど・・・・さらには、ギボンやサイチョウなども見ることができるという。

s-DSC00284.jpg

s-DSC00320_2.jpg

s-DSC00543_2.jpg

ランビルは、豊かな多様性ために古くから熱帯林研究の場となってきた。
というか、↑のデータも、こうした研究の結果として判明したことでもある。

日本の研究者たちも、長年にわたってこの森林を研究の場としてきた。

京都大学生態学研究センター(生態研)の井上民二教授も、これら熱帯林研究者の先駆けのお一人だ。

教授は、ランビル熱帯雨林の樹高40m~70mもの高所の林冠(キャノピー)(森林の上部表面)付近で繰り広げられる生物の営み、すなわち一斉開花や昆虫と植物などの助け合い(共生)などをツリータワーとウォークウェイで調査した。

s-DSC00501.jpg
林冠(キャノピー)

s-DSC00497_2.jpg
観察用ツリータワー

その研究成果の一部は、NHK「人間大学」で一般向けに解説する予定だったが、残念ながらランビルに向かうための飛行機が奇しくもランビル丘に墜落して帰らぬ人となった。

そのテキストは、日本放送出版協会(NHK)から『生命の宝庫・熱帯雨林』として発行されている。
熱帯雨林の生態系などに関心のある方にはご一読をお勧めする。

熱帯林研究に情熱を注いだ故井上教授が志半ばで帰らぬ人となったのは、1997年9月。
そのニュースを私はインドネシアで聞いた。

実は私も、インドネシアでのJICA生物多様性プロジェクトのリーダーとして、熱帯林研究の拠点を整備したいという夢を抱いていたのだ。

s-03130034.jpg
インドネシアJICAプロジェクトでのキャノピー・ウォークウェイ整備
(グヌン・ハリムン国立公園にて)


そのお手本となるコスタリカのラ・セルバ生物学ステーションを訪問したことはあったが、ランビルは名前だけしか知らなかった。是非訪問したいものと、長年にわたり希望していた。

s-s11-La Selva研究者ケビン _3.jpg
ラ・セルバ生物学ステーションの研究者棟(コスタリカにて)

その長年の夢がかなったのが、今回の訪問だ。

さらに今回の訪問の際、故井上教授もコスタリカなどをモデルの一つとして、ランビルを熱帯雨林研究の拠点として整備することを計画していたことを聞いた。
単なる生態学研究者としてよりも、研究拠点整備の同じ夢を持った方として、急に身近に感じられるようになった。

その故井上教授のご遺族からの寄贈による研究者宿泊施設「タミジハウス」が設置されている。

s-DSC00340.jpg


s-DSC00337.jpg
↑写真の左がタミジハウス、右上は研究室棟

ランビルではその後、全国に散らばった故井上教授のお弟子さんや熱帯林研究者などが中心になり、2000年には、前述の80mもの高さのクレーンも整備された。

工事現場にあるようなクレーンで、ゴンドラも70mまで上がることができる。

s-DSC00430.jpg

s-DSC00434.jpg

しかし、運転手はクレーンの先端まで梯子段を上らなければならない。
私にはとてもできないが、研究者はこんなことまでしなくてはならないのだ!

s-DSC00454.jpg

初めは認識できた地上の人たちも、ゴンドラが高くなるにつれてアリよりも小さくなる。

s-DSC00516.jpg

ゴンドラからは、林冠の様子もよく観察できる。

s-DSC00468.jpg


しかし、この豊かな熱帯雨林の林冠がどこまでも続くわけではない。

国立公園のすぐ際まで、アブラヤシのプランテーションが迫っている。

研究者たちの夢と情熱の舞台が損なわれることのないよう祈るばかりだ。

今日2016年6月18日から、故吉良竜夫先生などとともに故井上民二教授も設立に尽力した日本熱帯生態学会が筑波大学で開催されている。

熱帯林などの研究に情熱と夢をかけている研究者たちとの再会が楽しみだ(学会出席のため、予定稿でスミマセン)。

【本ブログ内関連記事リンク】

インドネシアの生物多様性と開発援助 -『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』出版3

インドネシア生物多様性保全プロジェクト2

熱帯林の空中散歩 -熱帯林の調査研究

熱帯生態学会



【著作紹介 好評販売中】

 本ブログの国立公園や熱帯生態学研究者、インドネシア生物多様性プロジェクトなどに関する内容も掲載。
 生物多様性と私たちの生活、さらに生物資源の伝播、生物多様性条約の成立と南北対立なども紹介。
 その他、本ブログ記事も多数掲載。豊富な写真は、すべて筆者の撮影。おかげさまで第2刷。


生物多様性カバー (表).JPG高橋進著 『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』 明石書店

 生物多様性とは何か。生物多様性保全の必要性、これからの社会を持続するための「種類を越えた共生」「地域を越えた共生」「時間を越えた共生」の3つの共生など。

 世界は自然保護でなぜ対立するのか。スパイスの大航海時代から遺伝子組換えの現代までを見据えて、生物多様性や保護地域と私たちの生活をわかりやすく解説。
 
 
  
 目次、概要などは、下記↓のブログ記事、あるいはアマゾン、紀伊国屋、丸善その他書店のWEBなどの本書案内をご参照ください。

  『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』出版1

 『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』出版2 ―第Ⅱ部 国立公園・自然保護地域をめぐる国際関係 

 インドネシアの生物多様性と開発援助 ―『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』出版3

 対立を超えて ―『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』出版4


nice!(79)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

新緑の鞍馬寺・貴船神社 義経伝説とパワースポットを追って(3) 愛のパワースポット 貴船神社 [日記・雑感]

前回のなんとなくおどろおどろしいパワースポット魔王殿から急な山道をひたすら下る。
逆回りの登り道でなくてよかった!

ほどなく、賀茂川の上流となる貴船川に出る。ここは鞍馬寺の西門に当たる(↓写真の中央左奥)。

s-DSC01056.jpg

貴船では、川面に組んだ床で鮎など味わう「川床料理」が名物だ。
渓谷にはこの川床が連なっている。

s-DSC01065.jpg

川のせせらぎと新緑。これだけでも、料理の味は何倍も上がることだろう。

一人での川床料理は、風情があるか、わびしいか・・・夜の会食の予定があったため、残念ながら試すことはできなかった。

川床を横目にしばらく貴船川沿いを歩くと、「貴船神社」入口の真っ赤な大鳥居が見えてくる。

s-DSC01080.jpg

ここの貴船神社は、1400年以上の歴史を持つ水の神様で、全国に450社ほどある貴船神社の総本社だそうだ。

大鳥居の奥の参道両側には、これまた真っ赤な灯篭が立ち並ぶ。

s-DSC01082.jpg

参道をしばらく歩くと「本宮」がある。
水の神様ということで、水占いとかいうおみくじ(?)も人気があるらしい。

それだけではなく、縁結びの神様としても注目されているらしい。
実際この日も、境内では結婚式が行われていた。

これにあやかってか、拝殿には長蛇の列。
パワースポット縁結びの神は強し!!

s-DSC01062.jpg

また、貴船神社では古くから馬を奉納し、絵馬の発祥の地ともいわれているそうだ。

さらに先には、「奥宮」が。

s-DSC01067.jpg

なんでも、貴船神社はもともとはこの地に本宮があったとか。

本宮と奥宮の間の小高いところに「結社」(ゆいのやしろ)がある。
ここも、平安時代の女流歌人、和泉式部も信仰したという縁結びの神として有名だそうだ。

確かに、社には若い女性が何人も参拝していた。
良縁は、時代を超えた最大の願望だ。

s-DSC01077.jpg


貴船神社境内には、巨樹巨木も多い。
鞍馬山と同様、「全国巨樹巨木林の会」会長としては、こちらのパワースポットにも注目せざるを得ない。

本宮の入口には、樹齢400年、樹高30mというカツラの巨木がある。
根元から伸びた枝は、天に向かって八方に広がり縁起良く、また龍のごとく勢い良く立ち上っているとして、御神木となっている。

s-DSC01064.jpg

境内にはこれよりも大きいカツラの巨木もある。
カツラは水辺や湿地にもよく生育し、水の神を祀る貴船神社にもふさわしいかもしれない。

何よりも、その葉の形がハート形なのが、縁結びの神を祀る貴船神社には似つかわしいと思う。

カツラ以外にも、各地の神社に多いスギの御神木もある。

奥宮には、「連理の杉」。
連理というのは別々の木が連なって木理が通じていることで、夫婦、男女の仲睦まじく深い契のたとえとなっている。

この御神木は、杉がカエデと和合したもので、非常に珍しいらしい(↓写真のしめ縄の御神木、手前がスギ、奥がカエデ)。

s-DSC01070.jpg

同じく御神木の「相生の杉」は、同じ根から生えた2本のスギで、樹齢1000年という。
相生=相老に通じて夫婦ともに長生きの象徴だそうだ。

s-DSC01073.jpg

貴船神社は縁結びのパワースポットとして有名だけあって、御神木も「愛」に縁のある巨樹が多い。さすが!!


ところで、貴船神社は「丑の刻参り」発祥の地としても知られている。

貴船明神が降臨したのが丑の年の丑の月の丑の日の丑の刻で、これに合わせて参詣すると心願成就するという言い伝えがあったのが、丑の刻参りの始まりともいう。

しかし今では、夫に捨てられた宇治の橘姫が妬む相手を取殺すため鬼神となることを願って、鉄輪をかぶって貴船神社に丑の刻参りをし、その霊が夫から依頼を受けた陰陽師安倍晴明によって封印されたという謡曲「鉄輪」(かなわ)の物語やその後の白装束の女人が毎夜真夜中の丑の刻に藁人形を五寸釘で御神木に打ち込む呪いのほうが知られている。

私も、丑の刻参りといえば、こちらを思い浮かべた。

これも、鞍馬寺の魔王に勝るとも劣らず、おどろおどろしい話だ。

でも、よく考えてみると、呪って鬼になるのは、(能の般若面もそうだが)愛情の深さの故の業なのだ。

つまり、貴船神社は、どこまでも愛にあふれたパワースポットということだ。

もっとも、私としては、愛が深くても鬼にまでなられるのはご遠慮申し上げたいけれどネ。

いや、鬼にならせるほうが悪い?!





nice!(87)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
前の3件 | -