So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

横浜山手の西洋館めぐり [日記・雑感]

横浜の山手地区にある西洋館を散策した。

神戸の北野地区の異人館をめぐったこともあるが、神戸の観光客数に比べると、横浜は少ないように感じる。
おそらくは、神戸北野には異人館が集まっているが、横浜山手は異人館(西洋館)が散在しているのが原因かと思う。

北野では駐車場に観光バスなどを駐車して、歩いて散策できる規模だが、横浜山手は歩くには少なくとも半日はかかるから、ちょっと観光向きではないのかもしれない。
でも、時間の余裕のある場合には、ゆっくり散策するのにちょうどよいのでは。

ということで、訪れた西洋館のいくつかを紹介する。

私の散策のスタートは、JR根岸線の石川町駅。
最初に訪れたのは、駅からほど近い「山手イタリア山庭園」。
ここには、2棟の洋館がある。

まずは「ブラフ18番館」。大正末期の関東大震災後に建てられたオーストラリア人貿易商バウンデン氏の住宅で、第二次世界大戦後はカトリック山手教会の司祭館として1991年まで使用されていた。
横浜市が寄付を受けて、現在の山手イタリア山庭園内に移築復元された。

s-DSC04927.jpg


詳細は、「横浜山手西洋館公式サイト」などに詳しいので、本ブログでは省略させていただきます(以下、同)。

同じ公園内には、「外交官の家」もある。
こちらは外国人の住宅ではなく、明治時代の日本人外交官の家だ。

s-DSC04929.jpg


ニューヨーク総領事やトルコ特命全権大使などを務めた明治政府の外交官内田定槌氏の邸宅として、明治43(1910)年に東京渋谷の南平台に建てられた。
設計者は、立教学校(現、立教大学)の校長も務めたアメリカ人のJ.M.ガーディナーで、明治村に移築された聖ヨハネ教会堂をはじめ、日本各地で教会堂などを設計した。

山手イタリア山庭園を後にして、「港の見える丘」に向けて歩みを進める。

途中で、日本のテニス発祥の地に立ち寄る。
イギリスのローンテニスは、明治9年に横浜に伝わり、山手にテニスコート2面が作られたという。
現在この地には、「横浜・山手テニス発祥記念館」があり、テニスの歴史などがラケットなどで展示されている。

s-DSC04941.jpg


テニス発祥記念館を含む一帯は「山手公園」で、日本で最初の洋式公園ともいう。ヒマラヤスギも国内では初めて植えられた。
公園内には、洋館の「山手68番館」が公園管理事務所として残っている。

s-DSC04940.jpg


そこから港の見える丘公園方面に行くと、途中に「ベーリック・ホール」がある。
イギリス人貿易商B.R.ベリック氏の邸宅として、昭和5(1930)年に設計されて住宅として使用された。
内装もなかなかモダンだ。

s-DSC04951.jpg

s-DSC04945.jpg

現存する戦前の山手外国人住宅の中では最大規模の建物で、設計したのはアメリカ人建築家J.H.モーガンだ。
モーガンは、ほかにも山手111番館や山手聖公会、根岸競馬場など数多くの建築物を残している。

神奈川県藤沢市には、モーガンの旧邸モーガン邸があるが、残念ながら2007年と2008年に火災にあい、ほとんどが焼けてしまった。
ナショナル・トラストの関係で焼失の直前に訪れて、焼失前の建物を見ることができたのは幸いだった。

その先の本町公園内には、「エリスマン邸」が1990年に移築再現された。
生糸貿易商社シーベルヘグナー商会に勤務したフリッツ・エリスマン氏の邸宅で、現在は貸ホールや喫茶店などとしても利用されている。

s-DSC04954.jpg


ここから外国人墓地、港の見える丘公園にかけては、多くの洋館が立ち並んでいる。
「山手234番館」は、1927年頃に建築された外国人向けのアパートメントハウスで、1980年頃までアパートメントとして使用されてた。
関東大震災の復興事業の一つで、横浜を離れた外国人に戻ってもらうために建設されたそうで、設計者は日本人の朝香吉蔵だ。

s-DSC04956.jpg


外国人墓地の向かいには、民間の資料館「山手資料館」がある。
横浜市内に残る唯一の和洋併設型住宅だという。

s-DSC04960.jpg


港の見える丘公園には、英国総領事公邸だった「横浜市イギリス館」がある。
昭和12(1937)年に建てられた鉄筋コンクリート2階建てで、玄関脇にはめ込まれた王冠入りの銘版(ジョージⅥ世の時代)や、正面脇の銅板(British Consular Residence)が、旧英国総領事公邸であった由緒を示している。

s-DSC04968.jpg


さらに公園に隣接して、「山手111番館」がある。
大正15(1926)年にアメリカ人ラフィン氏の住宅として建設されたスパニッシュスタイルの洋館だ。

s-DSC04979.jpg


設計者は、ベーリック・ホールと同じく、J.H.モーガン。
1階の吹き抜けホールが印象的だ。

s-DSC04977.jpg


港の見える丘公園からは、センスの良い元町商店街を散策して、スタートの石川町駅に戻った。
今回はパスしたけれど、中華街で食事という手もある。

この地区には、洋館のほかにも、さまざまな見るべきものが多い。
全国巨樹巨木林の会会長としては巨樹も紹介したい。

その一つ、山手カトリック教会から山手公園に向かう途中のフェリス女学院大学の門の脇には、推定樹齢400年というタブノキの巨樹がある。

s-DSC04931.jpg


なお、去る6月6日、FMヨコハマのMITSUMIさんがDJの午後の番組コーナー「エシコン」に出演して巨樹について語りました。

【本ブログ内関連記事】

奇妙な看板?!  - 町並みと景観



nice!(21)  コメント(4) 
共通テーマ:学問

アラビア王国展とコーヒー [ちょっとこだわる:民俗・文化・紀行・時事など]

またまた1か月以上も前のことについてのブログです。ご容赦を!!

東京国立博物館(上野)の表慶館で開催されていた(会期延長で本日5/13まで開催!)「アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝」展に4月初めに出かけた。

アラビアンナイトの昔話やラクダで、幼いころからなんとなく憧れもあったアラビアだが、昨今はオイルマネーやテロ内戦と、私にはあまり良いイメージではなくなってきた。

アラビア王国展では、古代からの交易路として栄えたアラビア半島の様々な文物をサウジアラビア王国の至宝の中から展示している。日本で初めての公開という。

先史時代の石器や礫器に始まり、メソポタミア文明などの影響を物語る石像なども展示されていた。

「祈る男」と題された石像は、紀元前2900~2600年頃の作品で、タールート島の出土という。

s-DSC04838.jpg


青銅製の「男性頭部」は、紀元前1世紀~紀元後2世紀の作で、もとは等身大のものだったという。

s-DSC04850.jpg


ヘレニズム・ローマ時代(紀元前3世紀~紀元後3世紀頃)には、香料交易でアラビア半島は栄えた。

アラビア半島南西部(現在のイエメンやオマーンの一部)、東アフリカの一部で産出した乳香や没薬などの香料(樹脂香料)は、宗教行事などにも使用されて中近東や地中海地方で珍重され、古代エジプトのファラオやアレクサンドロス大王、ローマ皇帝も香料産地を支配しようとしたが果たせなかったという。

s-DSC04843 (1).jpg


展示品は、手前が香料(左が乳香、右が没薬)。
奥は香炉(左)と奉献代(右)、ともに石灰岩製で紀元前3~4世紀頃。

ほかにも、様々な美しい器も展示されていた(下写真はそのごく一部)。

s-DSC04840.jpg

s-DSC04841 (1).jpg

アラビアといえば、私としてはコーヒーが連想される。

野生のコーヒーは、エチオピア高原あたりが原産地と言われているが、15世紀後半頃には、イエメンのスーフィー教派のイスラム教徒が祈祷の最中に眠気覚ましで飲用していたともいわれる。

その後、イエメンの港町モカから世界にコーヒーが輸出されるようになり、モカコーヒーとして有名になった。

アラビア王国展には、コーヒー焙煎用のへら(銅製、19世紀)やコーヒー豆冷まし(木と金属製、19世紀)も展示されていた。

s-DSC04855.jpg


さらに、コーヒーポット(銅製、19世紀)も。
ポット内に砕いたコーヒー豆をいれて煮出した後、カルダモンなどで香り付けしたという。

s-DSC04858.jpg

そういえば、私たちが飲むモカ、キリマンジャロ、ブルーマウンテンなどのコーヒー品種は、「アラビカ種」だ。

やはりアラビアの影が濃い?

インドネシアで飲むコーヒー豆粉が沈殿したコーヒーも、やはりアラビアからの伝播だろうか。

*アラビカ種のほか、インドネシアやベトナムで量産されている「カネフォーラ種(ロブスタ種)」については、下の記事「コーヒーあれこれ」「そのおいしいコーヒーはどこから?」などを参照ください。

また拙著『生物多様性と保護地域の国際関係 -対立から共生へ』(明石書店)もどうぞ。
ブログ記事「インドネシアの生物多様性と開発援助 -『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』出版3」ほか。


【本ブログ内関連記事】

古代アンデス文明

コーヒーあれこれ

続 コーヒーあれこれ

そのおいしいコーヒーはどこから? -スマトラ島の国立公園調査

コーヒーを飲みながら 熱帯林とコーヒーを考える

最高の人生の楽しみ? ルワック・コーヒー

のんびりベトナムコーヒーとオートバイ

アルバニアのんびりカフェ






nice!(29)  コメント(2) 
共通テーマ:学問

湯河原の巨樹再び [巨樹・巨木]

忙しさにかまけてブログをお休みしているうちに、季節は飛ぶように過ぎて行ってしまった。

今年は特に花々が一斉に開いたような気がするのは、自然の移ろいに思いを馳せる余裕がなかったせいだろうか。

4月の庭の花々も、あっという間に満開になったと思ったら散ってしまった。

毎年春になると、藤の花を酢の物でいただいている。
甘い香りとともに、季節の味覚でもある。

s-IMG_4496.jpg


ツツジ類も、彩りの競演だ。

s-IMG_4504.jpg


s-IMG_4505.jpg

s-IMG_4544.jpg

s-IMG_4545.jpg

ところで、ちょうど1か月前の桜がほころび始めた頃になるが、湯河原(神奈川県)での会合の際に、駅周辺の巨樹を巡ってみた。


源頼朝の旗挙げを支えた土肥次郎実平の居城もあった湯河原は、駅前に実平と妻の銅像が建立されている。

s-DSC04802.jpg


まずは、1年前にも訪れた土肥氏の菩提寺城願寺へ。

s-DSC04809.jpg


そこに聳えるのは国指定天然記念物「城願寺のビャクシン」。

s-DSC04806.jpg

s-DSC04807.jpg

s-DSC04808.jpg

この寺を建立した土肥実平のお手植えと伝えられ、樹齢は約800年、幹周6m、樹高20mの巨木で、かなわがの名木百選にも選定されている。


土肥一族の墓所からは、湘南の海も一望できる。

s-DSC04811.jpg

s-DSC04813.jpg


湯河原にあるもう一つの国指定天然記念物。
それは、「山神の樹叢」だ。

土肥実平の時代から山の神として崇められた小さな祠がある。
その周辺の約620平方メートルの暖帯性の常緑広葉樹林だ。

s-DSC04820.jpg


林内には、タブノキ、イヌマキ、クスなどの巨樹が繁茂しているが、かつてあったホルトノキの巨樹は現在では見ることができない。

s-DSC04819.jpg

s-DSC04816.jpg

山神の樹叢は、この暖帯性広葉樹林、特にまとまったホルトノキの樹林として最も北に位置する貴重な樹叢だったが、その巨樹を見ることができなくなってしまったのは残念だ。稚樹が成長して巨樹となるのを期待するばかりだ。

南北に長い日本列島では気温などの関係で、北海道ではエゾマツ、トドマツなどの常緑針葉樹林、東日本ではブナなどの落葉広葉樹林、西南日本ではタブノキ、クスノキなどの常緑広葉樹林が多く生育する。いわゆる「水平分布」だ。

こうして生物の多様性が形成される。日本が生物多様性の豊かな国と言われる所以だ。


この常緑広葉樹林は「照葉樹林」とも呼ばれ、日本で最大級の照葉樹林として有名な「綾の照葉樹林」(宮崎県綾町)は、ユネスコの生物圏保護区(ユネスコエコパーク)にも登録されている。

ちなみに、「水平分布」と対をなす「垂直分布」とは、標高が上がるにつれて気温が下がり、植物分布も麓の広葉樹林から針葉樹林、さらにお花畑へと変化する分布を示す。
登山の際に体験された方も多いことだろう。

さらに近くの産土(うぶすな)八幡神社に立ち寄った。1108年(天仁元年)の創立と伝えられるから、今年でちょうど910年。

s-DSC04831.jpg


その石段脇には、樹齢600年と伝えられる町指定天然記念物「産土八幡神社のクスノキ」やケヤキ(数本の合体)も聳えている。

s-DSC04834.jpg

s-DSC04835.jpg


巨樹巡りの後は、駅近くのレトロな感じの喫茶店で、ビーフシチューの昼食。

隙間もないくらい肉が盛られ、その肉がまたとろけるように柔らかい。

s-IMG_2551.jpg


この店では値が張るメニューの一つだが、ビーフシチューが好物の私は、これを食べたいがために早めに家を出て巨樹巡りをしたくらいだ。

巨樹と歴史と御馳走と。のんびりと幸せを噛みしめた至福の一日だった。

そしてまた、あわただしい日々が続いている。


【本ブログ内関連記事】

城願寺のビャクシン 頼朝の旗挙げを支えた土肥氏の菩提寺

源氏との因縁 鶴嶺八幡宮と大イチョウ

行った と・こ・ろ









nice!(26)  コメント(6) 
共通テーマ:学問
前の3件 | -