So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

第6回世界国立公園会議 inシドニー [保護地域 -国立公園・世界遺産]

 南半球のオーストラリアは、今が初夏。ジャカランダの紫色の花が日本の桜のように各所で満開の11月12日~19日に、シドニー・オリンピックパークで「第6回世界国立公園会議」が開催され、これに参加して先日帰国しました。

s-DSC07062.jpg
初夏のオーストラリアでは、ジャカランダの花が満開
宿泊したパラマッタの町の公立小学校前で



 会議の参加者は、170か国から6000人以上と大規模なものだった。これだけの参加者を収容するため、2000年のシドニー・オリンピック会場であるオリンピックパークの施設が会場となったのだ。

 ところで、世界国立公園会議とは、世界の国立公園関係者が一堂に会する10 年に一度の会議で、自然保護の国際会議では最大のものである。国際自然保護連合(IUCN)と開催国の主催によって、1962 年の米国シアトルでの第1 回会議以来、72 年に米国イエローストーン国立公園で第2 回が、82 年にインドネシアのバリ島で第3 回が、92 年にベネズエラのカラカスで第4 回が、2003 年には南アフリカのダーバンで第5 回がそれぞれ開催され、今回14 年にはオーストラリアのシドニーで第6 回が開催されたというものだ。

 私は、第3回会議から今回の会議まで毎回出席してきたが、考えてみるとこの間30年間にわたるもので、日本人としては最多の参加の記録となる。

 初期のころは、国立公園管理と観光開発、野生生物保護などが話題の中心だったが、回を重ねるごとに、先住民・地域社会と保護地域の関係や伝統的知識の尊重、気候変動、外来生物、さらには食料、貿易、貧困なども含む持続可能な開発や生活と保護地域など、テーマも多彩に、かつ広範になってきた。参加者数と会議の規模、さらには日本人参加者数も、毎回大きく(多く)なり、30年前とは雲泥の差だ。

 今回も、8つの大きなテーマ(ストリーム)とそれに関連する実の多くの分科会などが同時並行に開催された。それらの会場にはエキシビションのホールやドーム、さらにはメインスタジアムの中の会議室などが当てられた。これらの会場を移動するにも、初夏の炎天下を行ったり来たり、おまけにペーパーレスでプログラムも紙媒体はなくてスマホでダウンロードするので、どこで何をやっているか、会議室がどこか、把握するのが大変だった。

 なお、私は今回の会議では、「アジア保護地域パートナーシップ」の立ち上げの会議において、昨年11月に仙台で開催された「第1回アジア国立公園会議」の第5ワーキンググループ(テーマは、保護地域に関する国際連携)の議長として、結果概要を報告した。
 このワーキンググループでの議論などが、今回のアジア保護地域パートナーシップの発足にも貢献したものと考えている。

 会議の詳細は別の機会として、今回は写真でその雰囲気をお伝えしよう。



s-DSC07127.jpg
オリンピックパークの会議登録受付

s-DSC07140.jpg
オリンピック・スタジアムも会議場に

s-DSC07113.jpg
6000名もの参加者を収容したオリンピック体育館

s-DSC07122.jpg
開会式では、オーストラリア環境大臣のほか、各国首脳なども挨拶
前回会議で挨拶した故マンデラ南アフリカ元大統領の未亡人と息子さんも挨拶

s-DSC07131.jpg
チンパンジー研究で有名なジェーン・グドールさんも
ビデオメッセージ(開会式と閉会式で)

s-DSC07128.jpg
巨大なエキジビションホールでは、各団体の展示ブースが

s-DSC07136.jpg
分科会も、巨大な体育館を仕切って会場に

s-DSC07293.jpg
オーストラリアの先住民アボリジニの報告
自然保護地域から、先祖は追放されたそうだ
(現在のオーストラリアでは、土地を返還して保護地域として管理してもらう
先住民・地域社会保護地域(ICCA)が各地で設定されている)


s-DSC07280.jpg
タヒチ、ハワイなど南太平洋や南米、アジアの先住民の人々も参加


s-DSC07289.jpg
閉会式では、会議成果をまとめた「シドニーの約束」をIUCN会長に手渡し


s-DSC07297.jpg
帰国のころには、町ではクリスマスの飾りつけが
半袖の夏の様子とは違和感?



【本ブログ内の関連記事リンク】


 「『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』出版2 ―第Ⅱ部 国立公園・自然保護地域をめぐる国際関係
 「愛知ターゲットと保護地域 -保護地域の拡大になぜ対立するのか
 「アバター  先住民社会と保護地域
 「宮崎アニメ「もののけ姫」 人と自然

 このほかにも、カテゴリー「保護地域 -国立公園・世界遺産」に関連記事多数。


【著書のご案内】

生物多様性カバー (表).JPG 世界は自然保護でなぜ対立するのか。スパイスの大航海時代から遺伝子組換えの現代までを見据えて、生物多様性や保護地域と私たちの生活をわかりやすく解説。

 国立公園や世界遺産などの保護地域の拡大目標(愛知目標)で世界はなぜ対立するのか、世界国立公園会議の変遷を含めた世界やインドネシアの保護地域ガバナンスのパラダイムシフトなども。

 本ブログ記事も多数掲載。豊富な写真は、すべて筆者の撮影。

 高橋進 著 『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』 明石書店刊 


 目次、概要などは、下記の本ブログ記事をご参照ください。

 「『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』出版2 ―第Ⅱ部 国立公園・自然保護地域をめぐる国際関係

 「インドネシアの生物多様性と開発援助 -『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』出版3


nice!(15)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

巨木フォーラム 群馬・高崎・倉渕 [巨樹・巨木]

 紅葉が始まった快晴の去る10月24・25日に群馬県高崎市倉渕町で、『巨木を語ろう 全国フォーラム』(巨木フォーラム)が開催された。

 巨木フォーラムは、1988(昭和63)年に兵庫県柏原町(現、丹波市)で第1回が開催されて以来、全国持ち回りで開催されてきた。四半世紀を迎えた2013年に青森市で第25回が開催され、昨年は伊豆市、そして今年の高崎市で第27回目だ。

 今回は、市町村合併前の倉渕村の市川元村長を会長とする「倉渕巨樹の会」が中心となった手作りの大会だ。フォーラム地元の倉渕中学校3年生全員による歓迎演奏に始まり、開会式、基調講演、発表と続き、最後には次回(来年10月予定)の香川県小豆島を代表して土庄町長に大会旗が引き継がれた。

 夜には懇親会が開かれ、全国から集まった巨樹愛好家たちが一年ぶりの再会を喜び、地元の人々との交流を深めた。懇親会の料理も、地元食材のコンニャク、下仁田ネギ、ソバをはじめとする手作りで、上州名物の焼きまんじゅうもおいしかった。

 翌日25日には、「赤城山コース」「妙義山コース」「榛名山コース」「白根山コース」の4コースに分かれて巨木ツアーを楽しんだ。悠久の時を経て、地元の人々に愛され、育まれ、守られてきた巨樹には、それぞれの物語があり、どれもが風情のある姿をしている。

s-DSC06959.jpg 
倉渕周辺では、紅葉も始まり、青空に映えて美しかった
 
s-DSC06946.jpg 
フォーラム会場となった「道の駅 くらぶち小栗の里」

s-DSC06947.jpg
会場入り口には、手作りのモニュメントが

s-DSC06935.jpg
倉渕中学校生徒の歓迎演奏

s-PA250024.jpg
私も共催の「全国巨樹・巨木林の会」会長として挨拶

s-DSC06943.jpg
次回の小豆島土庄町長に大会旗の引き継ぎ


巨樹ツアー(赤城山コース)

s-DSC06961.jpg
稲田のヤマナシ
樹齢300年ともいう県内で最大級の巨樹



s-DSC06975.jpg
中之条のサイカチ
国道沿いのマメ科の巨樹

s-DSC06987.jpg
横室の大カヤ
日本三大カヤの一つと言われる樹高25mの巨樹


s-DSC06993.jpg
 赤城神社のたわらスギ
杉の巨木の多い赤城神社境内でも本殿脇の2本の杉は、樹齢1000年ともいわれ、
藤原秀郷(俵藤太)が平将門と国府(前橋市)に向かう途中で植えたという

s-DSC07016.jpg
野の大クス
かつては所有者の母屋が樹冠で覆われたほど(現在は移築)

s-DSC07038.jpg
連取の松
神社の拝殿正面のクロマツで、笠松とも呼ばれる
見事な枝張りは東西35m、南北26mだが、樹高は5m
連取(つなとり)町の町民約250名が参加し、枝を支える竹などの補修をするなど、
地元住民の愛着と誇りにより育まれてきた

 
全国巨樹・巨木林の会 http://www.kyojyu.com/  ご入会をお待ちしています

 【ブログ内関連記事リンク】

巨木フォーラム
 「縄文の巨樹に思いを馳せて -第25回巨木フォーラムと三内丸山遺跡
 「四半世紀を迎えた巨木フォーラム
 「どこんじょう 震災にめげずに巨木フォーラム開催
 「震災復興への思いを込めて 被災地での巨木フォーラム
 「巨木フォーラム in つるぎ町 -巨樹王国を支える人々の熱き想い
 「日本一の巨樹の町で全国巨樹・巨木林の会会長に就任
 「全国巨樹・巨木林の会と巨樹調査再考

巨木信仰など
 「パワースポット 来宮神社の大クス
 「クリスマスツリーと巨樹巨木信仰
 「巨木文化と巨石文化 -巨樹信仰の深淵
 「諏訪の御柱祭と巨樹信仰
 「巨樹の番付 -本多静六と里見信生
 「悠久の時そして林住期 -余暇と巨樹とを考える


生物多様性カバー (表).JPG 【著書のご案内】

 世界は自然保護でなぜ対立するのか。スパイスの大航海時代から遺伝子組換えの現代までを見据えて、生物多様性や保護地域と私たちの生活をわかりやすく解説。
 対立を超えた共生を提言するなかで、巨樹の継承についても。

 本ブログ記事も多数掲載。豊富な写真は、すべて筆者の撮影。

 高橋進 著 『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』 明石書店刊 


 本ブログ記事 「対立を超えて -『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』出版4 」ご参照ください。


nice!(33)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
前の2件 | -