So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

青いケシの花に誘われて [生物多様性]

 青いケシの花が咲いているというので、箱根湿生花園に出かけた。
 大涌谷の噴気活動警戒の影響か、土曜日というのになんとなく箱根の人出は少ない気がする。

 園内に入ると早速、鉢植えの青いケシ(ブルーポピー)がお出迎え。なんと園内には1,000株が鉢や直植えで展示されているという。


s-DSC08004.jpg


 ネパールやブータン、チベット、雲南などヒマラヤの標高およそ3000~5000mの高山に産して、何種かあるみたいだ。展示でもピンクなど色変わりもあった。

s-DSC08003.jpg

s-DSC08008.jpg



 昨年に訪問したブータンの国花でもある。残念ながら見ることはできなかったけれど。

 園内には、青いケシのほか、思いのほか多くの花が咲いていて、それはそれは美しかった。

 花の写真もたくさん撮ったが、ほんのいくつかをご紹介。


s-DSC08030.jpg
タニウツギ


s-DSC08031.jpg
チョウジソウ


s-DSC08078.jpg
ハマナス


s-DSC08087.jpg
ヒメサユリ


s-DSC08038.jpg
ニッコウキスゲとイブキトラノオ


s-DSC08097.jpg
尾瀬になかなか行けないので、ここでコウホネを


 湿生花園では、毎年、青いケシ展を開催しているが、ケシの花はその都度買い入れているという。

 ケシだけではなく、ミズバショウは新潟県からなど、ほとんどの植物を現地から補充しているというから、裏方も大変だ。

 ところでつい先日、水族館でのイルカ展示でのニュースがあった。和歌山県太地町で行われているイルカ追い込み漁で捕獲されたイルカを買い入れている施設が会員の日本の動物園水族館協会を国際組織の世界動物園水族館協会が除名すると通告したものだ。


s-P6290736.jpg
イルカの群れ(小笠原にて)


 それに対して、日本動物園水族館協会では、追い込み漁のイルカの購入は中止し、国際組織に残留する決定をしたという。

 最近では生態展示などのようにずいぶんと改善したが、入手方法だけではなく、見世物になっている動物にも思いやるべきだという動物解放論も提起されている。

 植物園でも、同じような問題が起きないとは限らない。かつての大航海時代などには、プラントハンターと呼ばれる人々が、世界中から珍しい野生植物をかき集めてヨーロッパ貴族に売りつけたりしていた。

 ヒマラヤ地方から入手されたという青いケシの花を見て感動している自分。野生のものではなく、人工的に繁殖・栽培されたものを入手していると信じたい。



(補注)
 植物園や動物園・水族館などで野生生物を展示・繁殖することは、単なる見世物というより、学習上あるいは絶滅危惧生物の保護上も必要なものだ。
 生物多様性条約では、自然状態での保護(生息域内保全)とともに、人工的管理下での保全や繁殖(生息域外保全)の必要性が規定されている。



【本ブログ内の関連記事】

ブータンで出会った花 ブータン報告3

生物資源と植民地 -COP10の背景と課題(1)

生物資源をめぐる国際攻防 -コロンブスからバイテクまで

人間になったオランウータン

インドネシアで蚊の絶滅について考える ―生物多様性の倫理学


【おかげさまで第2刷 好評発売中】


 「プラントハンター」や「生物多様性条約」(生息域内保全と生息域外保全を含む)、「動物解放論」、「自然保護の必要性」など、本記事にも関連する内容も豊富。

 生物多様性カバー (表).JPG高橋進著 『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』 明石書店

 生物多様性とは何か。生物多様性保全の必要性、これからの社会を持続するための3つの共生など。

 世界は自然保護でなぜ対立するのか。スパイスの大航海時代から遺伝子組換えの現代までを見据えて、生物多様性や保護地域と私たちの生活をわかりやすく解説。
 
 本ブログ記事も多数掲載。豊富な写真は、すべて筆者の撮影。
  
 目次、概要などは、下記↓のブログ記事、あるいはアマゾン、紀伊国屋、丸善その他書店のWEBなどの本書案内をご参照ください。

  『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』出版1

 『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』出版2 ―第Ⅱ部 国立公園・自然保護地域をめぐる国際関係 

 インドネシアの生物多様性と開発援助 ―『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』出版3

 対立を超えて ―『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』出版4 
nice!(60)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

榛名神社の御姿岩 [ちょっとこだわる:民俗・文化・紀行・時事など]

 榛名神社(群馬県)は、延喜式の昔からの由緒ある神社だ。最近は、パワースポットとしても有名らしい。

 神社の本社は、背後に屹立する奇岩「御姿岩」の岩奥にまで連なり、そこに御神体が祀られている。

 s-DSC07764.jpg
双龍門から御姿岩を望む

 

s-DSC07774.jpg
 本殿は御姿岩の岩奥まで組み込まれている   



 磐座は、巨樹とともに、自然界の神が鎮座するものとして古代から崇められてきた。いわば原始神道、アニミズムの象徴でもある。

 日本最古の神社の一つ、奈良県の大神神社のご神体は三輪山そのものであり、本殿もなく、あるのは社殿だけという。

 山や巨樹などを信仰の対象とするアニミズムは、日本だけではなく世界共通のものだった。

 箱根山をはじめ、各地から地震や噴火の兆しなどが伝えられている。

 何やら山の神々が、現下の人間界の営み ― 安保法制制定、教育制度改変などなどに警告を発しているのかも・・・  と古代の人々なら考えたに違いない?

s-DSC07759 (1).jpg
麓では盛りを過ぎたミツバツツジやヤマツツジも、ここでは今が盛り

 

s-DSC07776.jpg
榛名神社近くの榛名湖と榛名富士

 

s-DSC07838.jpg
伊香保温泉の名物、石段と商店街

 

s-DSC07803.jpg
伊香保温泉からは雪の谷川岳などの山々も(ハワイ王国公使別邸公園から)

 

s-DSC07837.jpg
ウツギ?の花も今が盛り




【本ブログ内関連記事】

巨木文化と巨石文化 -巨樹信仰の深淵

クリスマスツリーと巨樹巨木信仰

冬至とクリスマスの間

諏訪の御柱祭と巨樹信仰

巨木フォーラム 群馬・高崎・倉渕

博多の社寺と巨樹 ミニ探訪

パワースポット 来宮神社の大クス

縄文の巨樹に思いを馳せて -第25回巨木フォーラムと三内丸山遺跡


【おかげさまで第2刷 好評発売中】

 「保護地域の誕生」と「自然の聖地」、「聖なる山と巨樹の継承」など、本記事にも関連する内容も豊富。

生物多様性カバー (表).JPG 高橋進著 『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』 明石書店

 生物多様性とは何か。生物多様性保全の必要性、これからの社会を持続するための3つの共生など。

 世界は自然保護でなぜ対立するのか。スパイスの大航海時代から遺伝子組換えの現代までを見据えて、生物多様性や保護地域と私たちの生活をわかりやすく解説。
 
 本ブログ記事も多数掲載。豊富な写真は、すべて筆者の撮影。
  
 目次、概要などは、下記↓のブログ記事、あるいはアマゾン、紀伊国屋、丸善その他書店のWEBなどの本書案内をご参照ください。

 『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』出版1

 『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』出版2 ―第Ⅱ部 国立公園・自然保護地域をめぐる国際関係 

 インドネシアの生物多様性と開発援助 ―『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』出版3

 対立を超えて ―『生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ』出版4 

 

 


nice!(68)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
前の2件 | -